夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » なんか変 最近の買い物事情 

ブログ

blog

なんか変 最近の買い物事情 

最近、家庭雑貨も量販店で買うことが多くなりました。安いのはいいけれど・・・


シェーバーが剃れなくなってきたので、家電量販店に替刃のユニットを買いにいき
ました。型番を言って調べてもらうと、5300円とのこと。結構高いんですねー。
すると店員さんが、同じメーカーのシェーバーが、お買い得の5800円であると言い
ます。ひげはそんなに濃くないので、それに決まり !
ちなみにその替刃の値段を聞くと、同じく5300円とのこと。えっ??
メーカーは、アフターサービスで替刃を用意したはずですが、本体と替刃がほぼ同
じ値段では、みんな新品を買うでしょう。そういえば、以前植木用のバリカンを買っ
たとき、スペアのバッテリーも買おうとしたら、本体は7800円なのにで、バッテリー
が一万円 ! そんな馬鹿な・・・です。いかに商品が安く売られてるかがわかります。
ホットプレートのコードが行方不明になり、コードだけ買おうということになりました
(コードがなくなるなんて、ふつうありえないですが・・・)。メーカーに値段を聞いた
ら、コードは4200円とのこと。たしか本体は6000円ぐらいで買ったはず。結局、コード
を買うのはやめて、もったいないですが本体ごと新しいのを買いました。
それにしても、いったいコードはどこにいったのか?
卓上コンロが壊れたので、自宅のそばの量販店で、安いのを買いました。
二回ぐらい使ったあと、陶板で焼肉をしていたらガスがストップ。だから安物は…
食事を中断し、買った店に持っていきました。担当者は、よく確認もせず、新しい
コンロに換えてくれました。
そのコンロでさっそく焼肉の続き。すると、しばらくしてまたガスがストップ。
二度も続けば、いくらなんでもおかしい。ふとテーブルの上を見ると、前のガスコ
ンロの説明書があります。返すときに入れるのを忘れたのですが、念のため説明
を読んでみると「熱でコンロが熱くなると、安全弁が働き…」 なにー!!。
そうか!ガスコンロなんて何年ぶりかに買ったから、安全対策も進化してたんだ。
お店とメーカーに申し訳ないことをしました。
説明書を見ながら、コンロのカバーを開けて安全弁のコックを探すと・・・な・ない!
なんで? 新しく換えてもらった方の説明書と比べてみると、なんと型版が違う !!
このコンロは簡易型で安全弁のコックがなく、冷めると自動的にガスが出るそう。
新品に替えてくれたのはいいけれど、間違って安い方を渡されたのです。
説明書を読まなかった私が悪いのですが、お店の人も商品知識がなかったんで
すね。でも、また文句を言いには行けないし・・・
一番迷惑したのは、メーカーでした。