夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 出だし不調のゴールデンウィーク

ブログ

blog

出だし不調のゴールデンウィーク

早いもので、楽しみだったゴールデンウィークも終わりました。


今年は2日休みをとって、9日間実家で過ごす予定でした。古い蔵の中の片付けや、
植木の手入れ、天気がよければ日光あたりに行ってみようかと話してました。
ところが、実家で迎えた土曜の朝、急に家内が腹痛を訴え、激しい下痢に加え、下
血があると言います。救急車を呼ぶかというぐらいの苦しみようで、本人は冷や汗
でビッショリ。でも、救急車を呼ぶより私の運転の方が早いので、腕のいい胃腸科
の先生がいるという病院に連れて行きました。
病院に着いて受付をすると、問診表の他に「ガンだったら本人に告知するか?」とか、
「家族にはどうするか?」などと聞かれ、なんか暗い気分になってきます。患者さん
がかなり待ってましたが、緊急ということで早く診てくれました。権威のありそうな先
生で、レントゲンを撮って診断を受けると、結局大したことはないという見立て。
とりあえずホッとしました。連休初日というのに大騒ぎです。
というわけで、家内は3日間家の中でゴロゴロ。その間、私は一人で働くハメになり
ました。私はホメられて働くタイプ、一人ではなかなかヤル気が起きません。やっぱ
り家内とのワンペアでないと。それでも、何もしないと気が収まらず、除草剤を撒い
たり木を切ったり・・・
前回、根まで枯らすという強力な顆粒の除草剤を撒いたのに、何事もなかったよう
に雑草がまだ生えていたのがショック!!  枯れた杉の葉が積もっていて、除草剤が
地面まで到達しなかったのが原因だったようです。アタマに来て、噴霧器で除草液
をビショビショかけてやりました。
写真で見るとよくわかりませんが、タンポポやらなんやらすごいんです。

一週間後。今回はさすがに枯れ、思いの外きれいになりました。

最近、枝を下ろす時に心掛けてるのは、思いきってバッサリ切ること。もっとも、や
りすぎて何本か枯らしてしまいましたが・・・

ちょっとやりすぎ !?

植木の手入れの正装。迷彩服はファッションではなく、本物のUS・Armyの古着で
す。丈夫で使い勝手バツグン。ノコギリと剪定ばさみも、ホルスター?に入れて使
いやすくなりました。

あるときは植木屋、あるときはペンキ屋になります。薄汚れた木製の雨戸にペンキ
を塗ることに。リフォームしたとき、業者さんからペンキの残りをもらっておいたので
す。上質なペンキのせいか、わりときれいに塗れましたが、面積が広い上に二度
塗りが原則なので、雨戸7枚塗るのは大変でした。
今どき、都会では木製の雨戸は珍しいでしょう。

かがんで塗ってたら腰にきました。

仕上がりはこんな感じ。

一方家内は、3日経っても一向によくなりません。東京の専門医に診てもらいたい
と言うので、日曜の夜一旦帰ることにしました。
月曜日私は会社に出て、家内は病院に。あとで結果を聞くと、病名は虚血性大腸
炎ではないかとのこと。あの病院の先生の見立ては何だったのか・・・。連休明け
に精密検査を受けるということで安心し、再び月曜の夜に実家に戻りました。
なにしろ、やらなければならないことは沢山あるのです。
ところが、今年の連休は雨が多く、半分ぐらいは家の中。とくに、竜巻のあった日
は凄かったです。竜巻の起きた30分ほど前のこと。急に気温が下がり、突風が吹
き出したかと思うと、お昼の1時だというのに突然真っ暗。一斉に庭園灯が点き始
めたのが不気味でした。そして、激しいイナズマと雷。
被害のあった茂木町とは20キロぐらいしか離れてませんが、もし直撃されたら、
薬師堂も誠意軒もこっぱみじんになっていたでしょう。
カメラの感度がよすぎて、凄さが伝わりません。

今回のメインイベントはタケノコ狩り。といっても、食べるのが目的ではなく、竹にな
るのを防ぐ、まさに「狩り」です。タケノコの成長は早く、何もない所から2日で1mぐ
らいに伸びてます。特に孟宗竹は、成長すると直径が20センチぐらいになってしま
うので、出てきてすぐ潰すのが一番。まるでモグラ叩きのようで、3日間で50本は
潰したでしょうか。
2日見ないとこんなに。ふたごのタケノコ?

一本だけ食べることに。アクを抜かないと、えぐくて食べれません。

大好きな朴葉みそ焼きで。

連休最後の仕事は、復活した家内と伸びきった垣根と植木の手入れ。生い茂った
枝を、バッサバッサと切っていくのはある種快感。植木の手入れは、やればやるだ
け効果が見えるのでやりがいがあります。
全部で植樹7本と垣根の手入れの大作業

きれいサッパリ。枝を切るのも大変だけど、それを運ぶのはもっと大変です。

一日フルに働き、疲れてぐっすり寝てると、翌日の朝6時に「玄関のブザーが鳴っ
てる」と家内に起こされました。「寝巻きだから出てくれ」と言われ、ふらつきながら
玄関に行くと、以前庭の手入れをしてくれていたI さん。今度お願いする農薬散布
の打ち合わせに来てくれたのですが、それにしても早すぎる!! 以前、まだ暗いうち
にトマトを持ってきてくれた人がいて、雨戸を叩いて起こされビックリしたことがあり
ました。こっちの人は早起きです。
連休明けに精密検査を受けた家内は、異常がないことがわかりました。今度はほ
んとによかった。これでまた一緒に働けます。