夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ももの話 外伝

ブログ

blog

ももの話 外伝

前回は真面目な話でしたが、今回は桃にまつわる私の身の回りの話です。


家内が前回のブログを見て、実家(千葉)では、桃缶といえば黄桃ではなく
白桃だったと自慢げに言いました。ただし、食べれるのは風邪で熱を出した
時だけで、味がよくわからなかったとか。とろみのある汁まで飲むのが楽し
みだったそうです。
うちでは、病気の時だけ食べれたのはバナナ。当時はとっても高級品で、
それでも食べれたのは半分です。ある時、バナナを1本もらって喜んでたら、
病院に連れて行かれて扁桃腺の手術をされました。
うちは桃缶だけを食べるより、よくフルーツポンチに入れてました。でも、メイ
ンは大量のりんごで、缶詰はおもに桃とみかん。豪華なときはパイナップル
も入ってました。
家内が子供の頃、桃の果肉入りのネクターをよく飲んでいたそうですが、あ
る時母親から、あのドロドロしたのはノリだと言われ、ショックを受けたそうで
す。親の偏見は子供の夢を壊します。
 
うちの庭にも、以前は桃の木がありました。よく実が成ってましたが、熟すと
屋根の上に落ちてうるさい。夜中に「ドン」と音がし、びっくりして飛び起きた
こともありました。実は小さく硬いので、母はよくコンポートにしてましたが、
結婚したばかりの家内は、桃を煮ているのを見てとてもびっくりしたそうです。
家を改築する時桃の木を切ることになり、母は悲しんで泣いてました。 
そのコンポートを凍らせ、シャーベットとして子供たちがよく食べてました。
子供たちの呼び名は「桃の煮て凍らせたヤツ」。そのまんまです。
私は、フルーツの中で桃が一番好き(メロンは別格)ですが、高騰して買わな
かった時がありました。シーズンが終わり、私が「今年は桃を一度も食べな
かったなぁ」というと、ひいおばあちゃん子で一人だけえこひいきされてた次
男(当時3歳)が、「おばあちゃんと何度も食べたよ。」と得意げに言いました。
怒った私は、思わず次男の首を締めました。
その現場を、家内は見てしまったそうです。風呂場の脱衣所を開けると、そ
こで二人がコソコソしてました。部屋は桃の香りがプンプン、次男の口のま
わりはビショビショ。それでも祖母は、「なーんにも食べていないわよ」と。