夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 「急がば回れ」 が 「飛んで火に入る夏の虫」 に

ブログ

blog

「急がば回れ」 が 「飛んで火に入る夏の虫」 に

週末、実家に行った帰り、判断ミスで大渋滞に巻き込まれ、大変な目にあいま
した。


いまじぶんは、一週間で草木がどんどん伸びてきます。暑くなる前に一仕事し
ようと急に思いたち、栃木の実家に行って来ました。
途中、インター出口そばのジョイフル本田に寄り、高所の枝切りバサミを購入。
いつもハシゴをかけて枝切りをしてるのですが、最近身の危険を感じてます。
落ちたら寝たきり老人になりかねませんから。
経験上、安物のハサミはダメ。店員さんに聞いて、ちょっといいのを買いました。
土曜日は、久しぶりの晴天。気温がぐんぐん上がっていきます。前から気にな
っていた、薬師堂の垣根の手入れをしてると、「元気あっぷむら」の車が来て、
長崎から来たお客さんに薬師堂を見せてもらえないかと言われました。何度か
会った職員の方ですが、麦わら帽子に汚れた作業服だったので、私に気づか
ない様子。門のカギは開けてあったので、入っていただくことにしました。
職員の方はよく来られてるようで、5人のお客さんを連れて案内しています。
この格好なのでどうしようかと思いましたが、せっかくなので名乗らずに、薬師
堂の説明をしました。やけに詳しい植木屋さんだと思ったことでしょう。
帰りぎわに名刺を出されたので、「じつは・・・」と名乗ったらビックリしてました。
「まるで水戸黄門みたいですね。」と言われて大笑い。
3年前、史料館の前の敷地に植えた梅の木に、いくつか実がなりました。来年
は梅ジャムが作れると、家内が楽しみにしています。

ちっちゃな実でも、採れたら嬉しいです。

買ったばかりの高枝バサミで木の手入れをしようとしたら、どういうわけか、伸
びもせず縮みもせず。高かったのに、活躍する場もなく退場です。帰りに寄っ
て交換してもらうことにしましたが、縮まないので車に入れるのが一苦労。
日曜の夕方でジョイフルの駐車場はすごく混んでる様子。急にめんどくさくなり、
交換は次回にしました。結局、座席の真ん中に長い棒を入れたまま帰るはめに。
高速に入ると電光掲示板に「羽生で事故 渋滞30キロ 通過80分」と。ギョエー。
正月やGウィークだってそんなに渋滞しないはず。犬もいるしどうしよう。一般
道で帰るのも大変だし・・・。すると目の前に、関越道方面と書かれた北関東自
動車道の看板が。そうだ!これで行けば、関越道まで30分ほどのはず。渋滞
情報もないし、遠回りでも早く着けるでしょう。「急がば回れ」です。
初めて通る道ですが、車も少なく快調で、我ながら名案・・・だと思ったのですが、
よく考えたらかなりの遠回り。数秒間で決断したとはいえ、ちょっぴり後悔し始
めました。それが大きな後悔に。
半分以上行ったとき、また電光掲示板になにやら文字が・・・
「関越道 事故 渋滞30キロ」。ウッソー。通過に80分と書いてあり、これじゃ
東北道で行ったほうがよかった。しかも最悪なのは、日曜の関越道の上りほど
混む高速はないということを、すっかり忘れてたのです。、現に、事故現場を過
ぎてもずーっと渋滞。まさに「飛んで火に入る夏の虫」状態。
東北道を行けば、たぶん2時間半で着いたところを、余計な回り道をした結果、
4時間もかかってしまいました。しかも、車内の真ん中に、長い枝切りバサミ
を積んだまま。「馬鹿な考え休むに似たり」です。
こんなに長いまんまです

前回、ブログに「プラモデルの作り方」を載せましたが、タイムリーに今週号の
週刊ポストに「大人のプラモデル(ちゃんとしたプラモです)」という特集が載っ
てます。プラモデルも立派な大人のホビーなのです。