夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 一万燈祭の復活  驚きの結果  (準備編)

ブログ

blog

一万燈祭の復活  驚きの結果  (準備編)

一万燈祭は、宇津薬師堂のお祭りですが、今回半世紀ぶりに一般公開をしました。


宇津薬師堂は、江戸時代中期に建てられ、毎年8月9日の薬師の日に、地元の方
たちと一緒に、健康を祈願してきました。ちなみに「一万燈」とは、仏教の考え方で、
一万の灯りを灯して、人々を健康に導くという意味があります。
当時娯楽のなかった時代に、一万燈祭の夜には旅芸人が芝居をやったり夜店が出
たり、後には映画や花火もやって、地元の人達はとても楽しみにしていたそうです。
小さい頃の記憶では、オートバイに映写機とフィルムを積んだ業者が来て、手製の
スクリーンに映写。 チャンバラの途中でフィルムが切れ、大ブーイングになったり、
夕立がきて、急遽母屋の土間で映画を映したりもしました。
しかし、時代の流れにより、ここ半世紀ほどは身内だけで行事を行なうようになって
ましたが、昨年、東日本大震災があり、一万燈祭に町長や地元の方たちをお呼びし
て、町の復興を祈願しました。そのとき、町のお祭りがなくなったこともあり、むかし
のような一万燈祭の復活を望む声がありました。そこで、今年当社の創業415年と
いうこともあり、地元への貢献として、一万燈祭を復活させることになりました。
昨年は、地元紙の一面に載りました。ちなみに隣は、安愚楽牧場倒産の記事。
%E6%96%B0%E8%81%9E.JPG
しかし、企業一社の力では、できることは限られます。祭りの目玉はどうしよう?
どんなお店を出したらいいのか? 社員だけでは人手も足りないし・・・なかなか話は
進みませんでしたが、幸い、昨年お招きした高根沢町長のご賛同をいただき、町や
町の関連団体、観光協会、商工会議所などのご協力を得られることになりました。
本来は、一万燈祭は8月9日に行うべきで、昔からそれは変えてませんでしたが、
沢山の方や家族連れに来ていただきたいという長男の意見から、住職にお願いし
て8月18日の土曜日に行うことになりました。
もう一つの問題は、薬師堂境内や、見学路となる庭の整備です。沢山のお客さんが
みえるとなれば、笑われないようにきちんと掃除しなくてはなりません。というわけで、
今年は庭師としての正念場。もちろんプロにも頼んでますが、あまりに範囲が広く、
とても頼みきれません。6月ごろから手をつけてますが、お盆休みがラストスパート。
他にもいろいろ引き受けたので、今年は休み無しのお盆休みになりました。
工場の入口に、大きなドウダンツツジがあります。大きくなりすぎて、手入れもまま
ならず、丸く刈ることもできません。今回、この裏手がメイン会場になるので、このま
まではみっともない。そこで、前回行ったときに、バッサリと切るつもりでした。しかし、
いろんな人に反対され、「あれは宇津救命丸のシンボル」とまで言われたので、
大幅なイメチェンをして残しました。
こんなのが・・・
%E3%81%BE%E3%81%88%20%281%29.JPG
こんなふうに
%E3%81%BE%E3%81%88%20%282%29.JPG
敷地内には堀があり、子供が落ちたら大変です。プロに柵を作ってもらう時間もなく、
ならばと、自分で作ることにしました。しかし、それが思わぬ悲劇に。
つづく