夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 一万燈の手紙

ブログ

blog

一万燈の手紙

行事が終わった後に、まだ話しを引っ張るのは24時間テレビみたいです
が、先日行った一万燈祭で手紙を頂いた方がいたのでご紹介します。


その方は75歳の地元の方で、子供の頃の思い出を、原稿用紙5枚に書
いてきてくださいました。当時のことを知る人が少なくなっている中、とて
も貴重なお話ばかりです。
%E4%BD%9C%E6%96%87.JPG
その方が幼少のとき、一万燈祭にお祖母さんに連れられて行き、アイス
キャンデーをもらったこととか、小学生になっても、「お薬師様を拝んでく
れば一年間元気でいられる」といわれ、毎年行っていたことなどが書か
れていました。
昭和6年頃に、地元の小学校で、唱歌や遠足のときに歌った「郷土八景」
という歌があったそうですが、その歌詞に、宇津薬師堂の様子が載って
いたという話は初めて聞きました。墨で書かれた当時の歌詞をいただき
ましたが、その部分には「それより西に宇津の森 ここに薬師のお堂あり 
幾百年の大銀杏 四季それぞれの眺めあり」とあります。
%E3%81%86%E3%81%9F.JPG
また、当時の小学校の運動会の時に、子供たちと一緒に工場の職人さん
が、門の飾り付けをしていたのを鮮明に覚えてられるそうで、そんな話し
も初めて知りました。
昭和22年頃に、工場の敷地内に、地元の方々と野球場を造り、野球大
会をしたとも書いてありました。地元だけでなく、広くチームを募集し、賑
やかな大会だったそうです。私が小さい頃は、まだ野球場があって、当
時の写真は、いまでも史料館に飾ってあります。
こうして伺うと、むかしは地元と一体になって、活動していたことがよくわ
かりました。また薬師堂が、地元の方々に信頼されていたことも再認識
しました。いまは時代が代わり、いろんなことが難しくなってきていますが、
せめて一万燈のお祭りだけは、地元の方々に喜ばれるように、続けてい
きたいと思います。