夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 温泉と天気  露天風呂三昧

ブログ

blog

温泉と天気  露天風呂三昧

天気予報に反し、奇跡的ないい天気に恵まれ、快適な高原ドライブを楽しみました。
しかし、天気がよすぎると、いいことばかりではありません。


標高が上がるに連れ、気温がどんどん下がり、安房トンネルを抜け平湯に着くと、外
は快適な温度。ところが・・・平湯を過ぎると、また道は下っていきます。そして、目
的地の福地温泉に到着すると、気温はなんと30度! 涼しさを求めて奥飛騨に来
たのに、これは想定外。買い物に寄ったスーパーのおばさんによれば、今年の暑さ
は異常とのこと。
かなり早く着いたので、以前下見した、新穂高温泉の立ち寄り湯へ。露天風呂から、
正面にアルプスの山が見え、すばらしい景色。
1回目のお風呂
%E7%AB%8B%E3%81%A1%E5%AF%84%E3%82%8A.JPG
時間が時間だけに、入っている人も1人だけ。温泉好きのお年寄りらしく、入浴セット
の入ったかごを持ってます。そのお年寄りが、身体を洗ったタオルを、なんと湯船の
中でゆすいで出て行きました。分別のある(だろう)お年寄りが、これはいけません。
風呂を出て、家内と待ち合わせている大広間へ。テーブルが並び、立ち寄り湯を利
用したお客さん数名が、ゴロゴロ寝てます。さっそく家内に、さっきのお年寄りの非
常識さを、憤慨しながら話してました。ふと、離れたテーブルの上を見ると、見覚えの
あるかごが・・・。これもレンタル? いや、待てよ。そのテーブルの横を覗くと、なんと、
さっきのお年寄りが横になってます。
のんびり缶コーヒーを飲んでいる家内の腕をつかみ、早々に退散しました。
宿に戻る途中、不思議な旅館を見かけました。
一つは、宿の前の大きなガラスケースに入った、等身大の牛の銅像?飛騨牛料理
が自慢ということなのでしょうが、真っ黒な牛は、夜見たら不気味でしょうねー。
%E3%81%86%E3%81%97030.JPG
もう一つは、ホテルの前に置かれた電車のオブジェ?? 駅のない山奥で、坂を登って
行くといきなり現れるのでビックリです。駅から40キロも離れている山奥に、なんでま
た・・・ネットで見たら、中はカラオケルームだそうです。
どちらも目立つように置いたのでしょうが、飛騨の人は発想がユニーク。
%E9%9B%BB%E8%BB%8A035.JPG
3時前に宿にチェックイン。福地温泉には12件の宿しかなく、古民家を移築したのが
ウリのようで、聞いた話では、九州の黒川温泉をモデルにしたとか。予約した宿は、
部屋数が12しかなく、すべて同じ造りで露天風呂付き。いまは、露天風呂付きが人
気だそうですが、料金設定も高く、我々にはまったく必要性を感じません。
というのも、旅番組で、よく露天風呂付きの部屋が紹介されますが、たいていは、景
色も見えない狭い場所に、とって付けたような小さな湯船。それが樽だったり、ひどい
ところはユニットバスだったり・・・。広い大浴場の方が、ぜんぜんいいです。今回は
特別で、料理や値段で選んだら、たまたま部屋に露天風呂が付いていました。
建物も部屋もまさしく古民家風。部屋は広く、掘りごたつの部屋も付いてます。庭に
は、石を使った本格的な露天風呂があり、ゆっくり二人は入れそう(いや、我々は入
りませんが)。
%E9%83%A8%E5%B1%8B%E9%9C%B2%E5%A4%A9149.JPG
内風呂は檜で、洗い場が二つあり、そこから庭の露天風呂に出れます。
これは大事で、内風呂が露天風呂と離れてたり、内風呂が無いところがありますが、
冬は内風呂で温まってからでないと大変なことに。以前、冬に川治温泉に行き、い
きなり露天風呂へ裸で出て、凍死しそうになりました。
福地温泉の目玉の一つは「もらい湯」。これは、宿泊する宿以外に、他の宿のお風呂
に入れてもらうというもの。ただし一回限りで、時間の制限と、浴衣を着て歩いて行く
のが条件です。宿の人に、どこのお風呂がお勧めか聞いたら、この宿と向かいの宿
以外はかなり遠く、しかも途中は長い坂道とのこと。それを聞いたらもう決まり!
向かいの宿に行くことにしました。
実は、その宿もテレビに出ていて、今回の宿と最後まで迷いました。 早速浴衣に着
替え、かごを借りて向かいの宿へ。そこの内湯は大きな桧ぶろで、露天風呂は木々
と大きな石に囲まれいい雰囲気。誰もいなくて寂しいぐらいです。ただ、浴槽に落ち
葉と種?が沢山浮いていて、身体にまとわり付いてくるのがちょっと・・・でした。
2回目
%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%84048.JPG
%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%84%EF%BC%92054.JPG
宿に戻り、ここの風呂場を覗いてみることに。男女別々の露天風呂があり、夜9時を
過ぎると、どちらも貸し切り自由になるそうです。誰も入ってなかったので、ついでに
入っていくことに。内風呂も洗い場もないのが不便ですが、やっぱり部屋の風呂が
ウリなのでしょう。景色を見ながら、ちょっとぬるめのお湯を楽しみました。、
3回目
%E3%82%8D%E3%81%A6%E3%82%93064.JPG
夕飯前に、部屋の露天風呂にも入りました。目の前には、雄大な山々が見え、夕日
に染まる景色がすばらしい。誰にも気兼ねせず、写真を撮ったり寝転んだり。これで
他の旅館と同じぐらいの料金なら、ここはお得かもしれません。新しい旅館は、いろ
いろ工夫をしています。
4回目
%E9%83%A8%E5%B1%8B%E7%9C%BA%E3%82%81144.JPG
夕飯は広間で。足の出せる囲炉裏です。去年行った旅館と違い、今度はほんとに
炭火がおこって、鮎と五へい餅が焼かれてました。われわれの宿泊プランは、60才
以上限定の、「美味しいものを少しずつ 質重視」。 というもの。料理はどれも手がか
かって、鮎もおいしく食べれました(よく、焼きすぎてパサパサだったりしますが)。
特に、メインの飛騨牛の焼き物は、もっと食べたかったー。
家内が撮りました。どうすれば、バカチョンでピンぼけに撮れるのか不思議です
%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%9F075.JPG
ドリンク1杯サービスですが、ソフトドリンクはこれ。飲みでがあって1本で十分。
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC074.JPG
おひつの残りご飯で、夜食のおにぎりを作ってくれるとのこと。ほとんど残ってなかっ
たのに、足して作ってくれました。量少なめのプランを頼んだのに恥ずかしい・・・
ちょっとしたことですが、嬉しいサービスです。
%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A088.JPG
食事が終わり、部屋に帰ってもすることがないので、また庭の露天風呂へ。そのあ
と、せっかくなので、一人で貸し切り風呂へも行きました。使用中かと思ったら、二
つとも空いてたので、どうせなら昼間女風呂だった方へ。当然ながらまわりは真っ暗
ですが、薄明かりでいい雰囲気です。きょう六回目のお風呂。「!鉄腕ダッシュ」の
TOKIOみたい。
6回目
%E3%82%88%E3%82%8B115.JPG
翌日の天気予報は雨。あのNHK様が言っているのだから、間違いなく雨です・・・
と思ったら、朝から青空。一年分の運を使ってしまったかもです。朝ごはんには、私
の大好きな朴葉味噌がでました。このときだけは、塩分ハンターの家内もお目こぼし。
出発前に、近くでやっているという朝市へ。朝市といえば露天のイメージですが、長
屋のようなお店です。古い看板などが付いていて、これも客寄せの工夫でしょう。
%E6%9C%9D%E5%B8%82151.JPG
宿を出て、途中平湯大滝へ寄りました。駐車場から滝まで歩いて800メートル。歩き
かシャトルバスか・・・もちろん、足の退化しているわれわれはバス。時は金なりです。
%E7%BE%8E%E3%83%B6%E5%8E%9F188%20%282%29.JPG
あまりのいい天気に、まっすぐ帰るのがもったいない。松本市を通りぬけ、美ヶ原高
原を経由して帰ることに。しかし、これが失敗。景色はよかったのですが・・・グッタリ
疲れました。むかしはよく来たのに、もう若くはないのです。
%E7%BE%8E%E3%83%B6%E5%8E%9F188%20%281%29.JPG
とはいえ、予想外の好天と、コストパフォーマンスの優れた宿に泊まれて、いい旅行
となりました。