夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 残暑と初秋のコンチェルト

ブログ

blog

残暑と初秋のコンチェルト

晩夏というには遅すぎますが、今年は異常気象で10月初めまで残暑でした。


9月末と10月の連休に、仕事がらみで栃木に行ってましたが、昼間はセミが鳴
き、夜は鈴虫が鳴くという、訳の分からない季節感。昼間は暑くて外で汗をかき、
部屋に戻って冷房。逆に、早朝はちょっと寒くて暖房に。そのうちリモコンの切り
替えを忘れ、暑くてエアコンを入れたら熱風が出てきたなんてことも。とはいえ、
だんだん過ごしやすくなってきてます。
カエルの運動会。夏の名残りで、水銀灯に群がる虫を狙っています。
%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB027%20%281%29.JPG
しばらく放っておいたヒバを強制的にダイエット。上から3分の1をぶった斬り、枝
をスカスカになるまで落としました。夢中になってやりすぎて、枯れるんじゃない
かと心配に。枝を切るのはわりと簡単ですが、後の掃除が大変です。
ダイエット前
%E3%83%92%E3%83%90%EF%BC%92046%20%282%29.JPG
ダイエット後
%E3%83%92%E3%83%90%EF%BC%92046%20%281%29.JPG
紅葉になる前にもみじの手入れ。近所の植木の師匠に、もうプロ並みだと褒めら
れました。
%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%82%B8011.JPG
会心の作
%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%82%B8%EF%BC%92016.JPG
竹の柵が9月の台風で倒れました。工場の人に手伝ってもらって起こしましたが、
古くなってて横の竹がバラバラ。そこで、植木職人としては、柵づくりに挑戦です。
%E5%A1%80035.JPG
といっても、折れた横の竹を替えるだけ。材料は、裏の竹藪に腐るほどあります。
でも探してみると、太さが一定でまっすぐな竹はなかなか見つかりません。そこで、
8月の一万燈祭で使った竹を応用することに。乾燥しててちょうどいい感じです。
長さに合わせて竹を切り、買ってきたシュロ縄で結び直します。この柵は、師匠
が作ったもので、縛り方が植木用で独特。ほどきながら、見よう見まねで結び方
を解明しました。でも、いくらきつく縛っても、緩んでしまいます。その時家内が
「紐を水で濡らすんじゃない?」とひらめきました。うん、きっとそうだ。
水に濡らすと、染料が落ちて手がまっ黒。それでも、ビシッと縛れるようになりま
した(あとで聞いたら大正解)。試行錯誤と、一本一本縛る手間で、半分やるの
にほぼ一日。でも、要領はわかりました。目標は100%自作です。
%E5%A1%80%EF%BC%92039.JPG
まだやぶ蚊が多く、キンカンの防虫スプレーと、やぶ蚊バリヤは欠かせません。
キンカンは社長に頂いたのが沢山あるので、今度は防虫スプレーが欲しいなあ。
やぶ蚊バリアは、地面に吹き付けると8時間は蚊が来ないというスグレモノです。
%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3044.JPG
最近の癒し飲料はオランジーノ。庭仕事後の一本はたまりません。
むかし、炭酸飲料がサイダーしか無かったころ、姉と二人でサイダーとバヤリス
オレンジを半分づつ足して飲んだ味にそっくり。あの時特許を取ってれば・・・
といっても、当時5才ぐらいですが。
%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8E045.JPG
キンモクセイのいい香りが。私の大好きな香りですが、もう終わりかけでした。
%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%A4048.JPG
そばにホトトギスの花が咲いてました。
%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB027%20%282%29.JPG
マンジュシャゲは、真上から見るとまるで花火のよう。
%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89.jpg%20%20%E7%9C%9F%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5.jpg
秋の味覚、栗。しかし、タケノコと並んで始末に困る、頭が痛い厄介者でもあり
ます。最近家内は、マロンクリームを作って近所に配ると張り切っています。
とっても手間がかかるそう。うちじゃ誰も食べないのに・・・
タワシを入れといたのに、家内は気づいていません。
%E3%81%8F%E3%82%8A042.JPG
変なキノコも生えてます。昔、工場の人が、味噌汁に入れて食べてました。
その後、その人がどうなったか覚えてませんが・・・
%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93036.JPG
こんなキノコも。まさかサルノコシカケ?
%E3%81%95%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%91037.JPG
高根沢の民俗資料館に行ったとき、イチョウ並木にギンナンが沢山落ちてました。
近所の人は、見向きもしないようです。
%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89.jpg%20%20%20%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86.jpg
集めたら くっさ~い。どうやって食べるのか、まだわかってません。
%E3%81%8E%E3%82%93%E3%81%AA%E3%82%93043.JPG
民俗資料館には、宇津救命丸の恒久展示場があります。
%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89.jpg%20%E5%B1%95%E7%A4%BA.jpg
稲刈りもだいぶ終わっています。カラスが落穂拾いをしてました。
DSC_0341.JPG%20%20%E7%A8%B2%E5%88%88%E3%82%8A%EF%BC%93.JPG
夕日に輝く稲穂を見ていると、荒井由実の「晩夏」の歌詞を思い出します。
「藍色は群青に 薄暮れは紫に ふるさとは深いしじまに輝きだす・・」
季節の中で秋が一番好きですが、年々秋が短くなってきた気がします。