夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ああ勘違い

ブログ

blog

ああ勘違い

歳をとってくると、よく勘違いをするようになります。最近の勘違いを一挙
公開。


逆オレオレ事件
次男は一人暮らしをしていて、いつもメールでやり取りしているのですが、
先日久しぶりに電話をしました。でも、電話に出た声がなんだかよそよそ
しい。「オレだよ」と言っても「はぃ?」みたいな返事です。様子がおかしい
ので「どうしたんだよ」と言ったら、か弱い声で「どちら様ですか?」と。
そこで初めて間違い電話だと気づきました。
謝って電話を切りましたが、アドレス帳からかけてるのに、なぜ違う人に
かかったのか訳がわかりません。もう一度アドレス帳を開いてみると、
息子の名前で二つの携帯番号が。そこで思い出しました。以前、次男の
名を語ったオレオレ詐欺に騙され、携帯の番号が変わったと言われて、
番号を記憶させたままになっていたのです。
ブログ参照
その番号にかけてしまったのです。・・するといま出た相手は?
もしかしたら、オレオレ詐欺の犯人に、私は「オレオレ」と電話をして
しまったのか?もしそうだったら、さぞ相手もビックリしたでしょうね。
救心と文鎮
今年、心臓薬で有名な救心製薬が、創業100周年を迎えました。
業界仲間では、記念に文鎮を送るらしいという事前情報が流れてました。
会合の日、出掛けにその荷物が届きました。時間が無かったので、開け
てざっと見ると、社史の本とお酒と救心が入ってました。あれ?文鎮じゃ
ないんだ。
会合に行って仲間にその話をしました。みんなの所にはまだ届いてなか
ったようです。その1人に会社からメールが。救心さんから記念品が届
いたという報告でした。中身は、本とお酒と文鎮だと。えっ?ウソ!
文鎮なんて入ってなかった。なぜうちには入ってないの?入れ忘れ?
社長とは親しいのに水臭い・・・とか、いくら考えてもわかりません。
私が悩んでいたので、彼が会社に問い合わせてくれました。すると・・・
なんと、救心の箱に入った救心の瓶の文鎮だとのこと。それを聞いて
みんな大笑い。あとで見てみると、本物の救心とまったく同じ桐の箱に
入り、ちゃんとフィルムで包装してありました。裏には記念品と書いて
あったのですが、出掛けだったのでよく見ず、てっきり本物と思ってし
まったのです。遊び心のある記念品でした。
20130308_140224.jpg
大は小を兼ねない
実家の方では、ゴミの回収は家の近くまで来てくれません。なので、生
ゴミは裏庭に掘った穴に捨てています。その穴がいっぱいになってきま
した。隣の叔母の家で土木工事をしていたので、家内が叔母に、ついで
に業者さんに穴を掘ってもらうように頼んでました。草木を捨てるのと2つ。
先日実家に行き、その穴を見に行ってビックリ!
なんと、奥行10m、幅2m、深さは1m50ぐらいの穴が2つ。庭の景観が
一変してました。まわりに山のように土が盛ってあるので、実際の深さは
2メートル以上あり、落ちたら大変。防空壕作りを頼んだわけじゃない、
ゴミを捨てる穴を頼んだのに・・・。これじゃ生ゴミで埋まるのに50年ぐら
いかかりそうです。
20130308_114238.jpg
最初、こんなでっかい穴を掘ってと腹立てていましたが、切り出した竹を
燃すのにちょうどいいことがわかりました。いまでは勘違いに感謝してい
ます。
2食と2つ
会社の近所に、カレースタンドがあり、安くてまあまあ美味しいので、けっ
こう人気があります。先日食べていたら、レトルトのおみやげのチラシが。
2食で550円は安いし、実家のお昼に手頃です。そこで店員さんに2つ
頼みました。私が千円札を出すと、「1つでいいですか?」と変なことを言
います。「いや、2つください」と私が言うと、今度は店員さんが変な顔。
外国人のアルバイトのようで、以前550円の料金を払うとき、5百円玉の
お釣りが欲しくて千50円を出しました。日本人だったら何のためらいもな
く5百円玉を返すのに、外国人の店員さんは百円玉5枚でよこしました。
これじゃ意味が無いと説明しても、理解してもらえない。そんなことがあっ
たので、今回も店員さんの勘違いだと一方的に思ってました。
もう一人の店員さんに話すと、その人も外国人。やっぱりラチが明きませ
ん。もういいやと、1つだけ買って帰りました。あとで箱を見ると、なんと
2食入と書いてあります。レトルトカレーは1食入りと思い込んでた私の勘
違いでした。550円を2つ買ったら1100円。それを私は1000円で
買おうとしてたのです。さぞ、変なオヤジと思ったことでしょう。