夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 人間ドック

ブログ

blog

人間ドック

先日、家内と人間ドックに行ってきました。
50才を過ぎるといろいろな病気の心配が
あるので、年に一度の人間ドックは欠かせ
ません。


中年以上の方はご存知でしょうが、人間
ドックではいろいろな検査を行うので、この
検査で重大な病気が見つかり、命が助か
ったという人も少なくないようです。
私が毎年行くのは、薬業保険組合指定の
「こころとからだの元気プラザ」という所です。
以前は「東京顕微鏡院」という大変いかめ
しい名前でしたが、4年前の移転と同時に
名前も変り、大変立派な施設となりました。
検査の内容は、身体測定に始まり、血液・
尿・便・視力・聴力・心電図・肺・腹部・胃・
直腸検査と盛りだくさんです。それにオプション
のCTや脳のMRI検査などを追加すると、
時間も費用も結構かかります。
でも、車の車検の方がずっと高いので、自分
の身体のことを考えれば安いものかもしれま
せん。
この検査で一番つらいのは、直腸検査と
胃カメラでしょう。直腸検査は・・・ちょっと書
きづらいので想像におまかせします。
胃の検査はレントゲンと胃カメラを選択でき
るのですが、何か見つかれば結局胃カメラ
検査をしなくてはならないので、私は最初
から胃カメラにしています。
胃カメラは直径5mmぐらいの管を入れるの
ですが、喉を通る時が一番つらいのですが、
喉もと過ぎれば何とやらで、後は寝ながら
テレビに映る自分の胃の中を見ているだけ
です。
最近はオプションで、麻酔で意識が朦朧と
している間に診てもらえるようになりました。
家内は「自分の喉は特別細い!」と言い
張って、贅沢にもそれを頼みます。
胃カメラが終わるともう午後1時。それから
30分後に今日初めての食事です。
もしかしたら検査よりも、その間の空腹の
方がつらいかも。
二人とも概ね異常はなかったようですが、
家内は私の内臓脂肪が思ったほど少なか
ったことに納得がいかないようでした。
今回、初めてピロリ菌検査をしたら二人とも
陽性だったので、ピロリ菌退治の薬をもらって
帰りました。
こころとからだの元気プラザ
http://www.genkiplaza.or.jp/