夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 初恋の人との再会

ブログ

blog

初恋の人との再会

先日、何十年ぶりかに初恋の人に会いました。


彼女は初めて会った時のように、相変わらず綺麗で輝いてました。しかも
見かけたのはテレビです。昔は映画館でしか会えなかったのに…
その人は「眠れる森の美女」のオーロラ姫。ディズニーのアニメーション
です。彼女に会ったのは8才のころ。白雪姫やシンデレラほどメジャーで
はありませんが、スクリーンで見たその美貌に、子供心に一目惚れでした。
いまのディズニーアニメの主人公は、人種問題を背景にしてかアジア系や
ラテン系が多いようですが、当時の主人公はすべて白人かネズミ。
男女ともに髪はブロンドで目はブルー、スタイルも抜群でした。一番好き
だったシーンは、王子さまのキスで目覚めたオーロラ姫が、二人でワルツ
を踊る場面。素敵な音楽が印象的で、ずっと忘れられませんでした。
テレビでいよいよそのクライマックスシーンがきました。ところが、その
音楽のシーンには、なんと日本語のコーラスが。子供向けにアレンジした
のでしょうが、ちょっとガッカリでした。
ディズニーのテレビ番組は、1958年から始まっていたそうです。日曜
日の8時からで、おとぎの国、未来の国、冒険の国があり、おとぎの国の
アニメを姉と一緒に楽しみにしていました。当時はTVガイドもなく、たぶ
ん新聞の番組表にも出てなかったのでしょう。始まってからおとぎの国
じゃないとガッカリしました。いまはDVDでいつでも見れますが、あのワク
ワク感は、今の子供たちにはないでしょうね。
当時のディズニーアニメの凄いところは、セリフやナレーションがなく、
それでも内容がわかって十分楽しめたこと。あとの再放送でナレーション
が入っていましたが、それは蛇足のような気がしました。
そういえば、アニメ大国日本ですが、あのほのぼのとしたディズニーや
ワーナーブラザースのようなアニメはないですね。感受性の強い幼児期に
は、そういうアニメが必要な気がします。
ところで、その初恋の人と家内は似ているのかって? もちろん!
髪が長く・・・いつも寝ています。