夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ダックツアーと「意外」の連続

ブログ

blog

ダックツアーと「意外」の連続

先日、湯西川の水陸両用バスに乗って来ました。


旅番組にも出てくるので、一度乗ってみたいと思ってました。関東周辺では、
山中湖と栃木県の湯西川にあり、都内でもスカイツリーと隅田川を周遊する
のがあるそうです。
ネットで調べると、山中湖のは1人2000円で、湯西川が1人3000円。
湯西川は1000円も高いですが、実家からだと高速料金は300円。でも山
中湖へは東京からでも片道3600円かかります。そこで実家に行ってるとき、
湯西川に行ってみようということになりました。その日は意外なことばかり。
以外その1
宇都宮インターから日光道路に入り鬼怒川方面へ。国道に降りて走ってい
ると、森の中にいきなりラシュモア山に彫刻された4人の大統領の顔が出現。
好奇心旺盛な我々なので近くまで行ってみると、そこはウエスタン村の敷地
内でした。ゲートが閉まっていて、どうも潰れてしまった様子。江戸村・サル
軍団と並んで有名アトラクションでしたが、潰れていたとは以外です。
20130607_130644.jpg
以外その2
バスのりばの場所を聞くと、五十里(いかり)ダム沿いに湯西川駅があり、
その近くの「道の駅」だと言います。我々は、ナビを頼りに駅を探して走り
ました。しかし、ナビが示す位置に駅はなく、そこにはドライブインのよう
なものが… そこが「道の駅」でした。でも湯西川駅はどこ?不思議なこ
とに線路さえ見えません。
車を降りて探していると列車の音が。音の方を見ると、なんと道よりずっと
低い位置に鉄橋がありました。ということは… よく探してみると、道の駅
とつながった建物に、小さく「湯西川駅」と看板が。なんと湯西川駅は地下
駅でした。これも以外です。しかも小さくて目立たない。
場所を教えるときは、道の駅が目印と言った方がわかりやすいのに・・・
以外その3
この「道の駅」はユニークです。ほんとの電車の駅と一体化していて、さら
に温泉と宿泊施設もあるのです。水陸両用バスは1時間半ごとなので、発車
時間を調べて行かないと退屈します。この日はたまたますいてましたが、普
段は予約した方がいいようです。以外にもチケットを買うとき、乗船名簿に
名前を書かされました。まさしくこれは船なのです。
水面に降りて走る、イヤ、進むだけかと思ったら、普段入れないダムの見学
付きだそうで、その名も「ダックツアー」。運転士1人に乗務員2人、その
他に2人が別の車で先行し、通行止になってるゲートを開けたりします。
これじゃ3000円でも仕方ない?この連係プレーを見ていると、どうも地域の
振興策の感じです。
以外その4
時間があるので、食堂で早昼のそばを食べました。予想以上に美味しかっ
たのが意外。おみやげを見てると、イノシシカレーに熊の大和煮、サンショ
ウウオの黒焼きがありました。以外・・・じゃないのかな、ここら辺では。
20130607_130615.jpg
20130607_130628.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                                                                                               
水陸両用バス。実物を見ると意外に大きいです。4トントラックを改造した
もので、「日本初」と書いてありました。
20130607_130602.jpg
20130607_130534.jpg
車体後部にあるスクリュー。水に入ると降ろし、左右に動いて舵をとります。
20130607_130447.jpg
水陸両用自動車は、いまから70年前の第二次大戦で、アメリカとドイツがすで
に実用化しています。特にアメリカ製のはトラック並みに大きく、愛称は奇し
くも「ダック」。上陸作戦時に兵士や物資を運んでいました。さすが、自動車
大国アメリカです。
以前作ったダックのプラモデル
20130614_100306.jpg                   
以外その5
窓にガラスがないから、走りだすと風がすごい。この日は晴れて暑かったか
らよかったけど、寒い日や雨の日はキビシイですね(雨の日でも運行してい
るとのこと)。バスは五十里ダム湖沿いに走り出しました。なぜ五十里という
かというと、東京から50里(200キロ)離れてるからだそうです。意外な
ネーミングでしたが、もっと以外だったのは、いろいろウンチクを聞いた
五十里ダムが、われわれの目的地でなかったこと。
バスは突然右折してトンネルに。目的地は、まったく別の川治ダムでした。
ダムの上に着いて降車。エレベーターで下に降りていきます。着いたところ
のトンネルは、ダム本体の中だそうで、よく映画で工作員が爆弾を仕掛ける
場所ですね。
20130607_130522.jpg
しばらく歩くと外に出ましたが、そこはダムの壁面の中間にある通路
(通称キャットウォーク)でした。高さはビルの15階以上。通路の底はアミ
なので、空中にいるようで目が眩みます。真ん中まで歩き、貴重な体験がで
きました。
20130607_130509.jpg
上から見たところ。二番目の通路を歩きました。
20130607_132453.jpg
以外その6
バスに戻ると、いよいよ目的の水上走行です。ゲートを通り、湖につながる
道を降りていきます。今年は水が少ないので、水位は10メーターほど低い
そう。バスは水面前で一旦停止し、勢いをつけて水の中に。水しぶきが上が
り最大の見せ場です。あとはのんびり遊覧航行。ただ、こう言っちゃなんで
すが、一旦水に入ったらただの船。SL列車に乗りたくて、乗ってしまった
らただの列車みたいなものです。
20130607_130420.jpg
外から見たほうがカッコイイ(ポスターの写真より)
DSC_0852.JPG
以外その7
湖を半周して、バスはまた上陸。お姉さんの軽妙な話が退屈させません。
1時間半もかからず、バスはもとの場所に戻りました。
帰る前に、二階の温泉に入ってみたくなりました。ロケーションがいいから、
きっと景色が素晴らしいはず。500円づつ払って入りましたが、風呂場の
ガラスは下半分がクモリガラス。なんで?景色が見えません。露天風呂もあ
るのですが、塀が高く警戒厳重で、見えるのは空ばかり。以外でした。
以外その8
帰り道で、意外な食堂を見つけました。ハイセイコーの出身は湯西川?
よっぽどのファンか、そうとう儲けさせてもらったのか・・・
20130607_130354.jpg
意外なことの連続でしたが、楽しいプチ旅行でした。