夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 15回目の免許更新

ブログ

blog

15回目の免許更新

私は16歳で運転免許をとったので、3年毎の更新とすると、
今回15回目の免許更新となります。


むかしは、16歳で軽自動車免許が取れたのです。
その頃に比べたら、運転免許の更新も簡単になりました。
免許書はもちろんカードなどではなく、小さな見開きの手帳
のようなものでした。当時はワープロなんてない時代で、自
分で書いた申請書の住所や名前がそのまま免許書に転写され
ました。だから、汚い字で書くと3年間はそのまま。
そこで代書屋さんの登場です。試験場のそばの代書屋に頼む
と、写植の綺麗な文字で書類を作ってくれるのです。写真も
すぐに現像できない時代ですから、事前に写真店で撮影し持
参しました。
あるとき代書屋さんに書類を作ってもらい、試験場で審査を
受けると、係官に「どっか長期旅行でも行かれるのですか?」
と聞かれました。どうして?と聞くと、あなたの更新は来年
ですと言われてビックリ。期日を勘違いをしていたのですが、
代書屋さんは絶対気づいていたはず・・・
更新の手続きが終わっても、確かすぐには免許書はもらえま
せんでした。半日ぐらい待つか、郵送で送ってもらった記憶
があります。
今年は江東区の試験場に行きましたが、周りにまだ数軒の代
書屋さんがありました。でも、いまは免許書は印刷です。
いったい何を代書してもらうんでしょう?
20130706_021351.jpg
今回、ゴールド免許ではないので、1時間の講習を聞かなく
てはなりません。ここ数年、なぜか誕生日当日かその前後に
違反をしているのです。今年は気をつけないと。
講習の先生がユニークで、「私も人の子、眠くなることもあ
ります。どうか良識の範囲でお願いします」と言って笑わせ
ました。これが免停の講習だったら、居眠りなんてしようも
のならつまみ出されます。なぜ知ってるかって?
私も人の子です。