夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 涙もろいのは歳のせい?

ブログ

blog

涙もろいのは歳のせい?

私はもともと涙もろい性格ですが、歳を取るにつれますます
涙腺の緩みに拍車がかかってきました。


感動の涙、哀れみの涙、悲しみの涙、悔し涙、涙の種類に
もいろいろあります。涙もろい人は沢山いますが、私のよ
うにニュースや新聞記事を見て泣く人はあまりいないかも。
最近、電車とホームに挟まれた女性を乗客が力を合わせて
助けたというニュースがありました。その再現シーンを見
て、感動して思わず涙が出て泣しまいました。
新聞を読んでいて、幼い二人の子供を殺し、従順な愛犬ま
で殺した残虐非道の記事を見て、涙で新聞を濡らしたこと
もありました。特に愛犬家は、犬が殺されたという話に敏
感です 。
葬式で泣くのはしょっちゅうです。
友人の親の葬式で、親戚でもないのに大泣きしたこともあ
りました。親友が42歳という若さで亡くなったときは大
変でした。私が弔辞を読むことになったのですが、原稿を
書く段階で大泣きです。葬儀は社葬でしたが、大勢の弔問
客の前で、最後まで弔辞を読むのが大変でした。
逆に父と母の葬式では、しっかりしなくてはという気持ち
が強く働き、葬儀が終わるまでは泣かなかったと思います。
悔し涙というのも1つだけあります。30年前に、父に言
われた一言。それが悔しくて、いまでもその話をすると涙
が出てきます。だから、いくら会社で長男と口論になって
も、つい言葉を選んでしまいます。
映画などの感動の涙はいいですね。私のツボは・・・
映画「三丁目の夕日」で、同居していた子供を実の父親が
連れ帰るシーン。主人公は子供の将来を考え、無理に冷た
くして送り出すのですが、こらえきれなくなって後を追い、
転んでしまう。泣き崩れる彼の前に、行ってしまったはず
の子供が・・・これで泣かないはずがない(何回もですが)。
もう一つは、子豚が主人公の「ベーブ」。
農場にもらわれてきたベーブが、牧羊犬の代わりに働き出
すという話ですが、面倒を見てくれていた雌の牧羊犬の子
供たちがどこかに引き取られることになりました。悲しげ
に見送る母犬に、ベーブが「お母さんて呼んでもいい?」
と言うのです。あー、書いてるだけでも涙が出て来ました。
私が、そのシーンで毎回号泣してると家内は言います。
むかしから泣く子は育つと言います、笑うのは健康にいい
そうですが、泣くことも精神的・肉体的にいいそうです。
だから、私は健康なのかな。
次回は19日以降です。