夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » クールビズデビュー

ブログ

blog

クールビズデビュー

8月の終わりに言うのもなんですが、今年の夏、私は初めてクールビズ
にしました。


オシャレを自認してる訳ではないですが、いままでどうしてもクール
ビズとい服装がだらしなく見え馴染めませんでした。昨年までは、夏
でもスーツに長袖のワイシャツを着用(さすがにネクタイはしてませ
んでしたが)。ところが、最近ほとんどの会社がみなクールビズになっ
てきて、スーツ姿の方が奇異にうつるようになってきたのです。
とくに、大手企業や銀行、官庁は、ビルの設定温度が28度と高いので、
とてもスーツなど着ていられないとか。大手保険会社に務めている友
人によると、夏は部屋の中は暑いしビルの窓は開かないしで、仕事の
能率もはかどらないそうです。
そんな訳かどうか、硬そうな銀行さんがクールビズになったのは早かっ
たです。でも、ある銀行の支店長がアロハシャツで来社されたときは、
さすがにビックリ。いよいよ日本も亜熱帯になったかと思いました。
そもそも、28度と誰が提唱したのか?調べたら、小泉政権時代の小池
百合子環境大臣が、CO2を削減して低炭素社会を作ろうと企業に呼び
かけたのがきっかけで、当時のオフィス平均温度26.2度を28度にする
ことにより、290万トンのCO2が削減できるのだとか。でも、28度は熱
中症を起こさないギリギリの温度だそうですから、これで日本の夏の
ビジネスマンは大丈夫なのでしょうか。
というわけで、ズボンは毎日ユニクロ。汗をかいても家で洗えて経済
的です。上着は、あまり着ることのなかった夏物のジャケットが陽の
目を浴びました。でも、ワイシャツは相変わらず長袖(しか持ってない)。
しかも、こだわりのダブルカフスなので、ちょっと上下がチグハグです。
とにかく一度スーツを脱いだら楽で、もう夏には着れません。来年は
アロハシャツにしようかな。
追記
8月の中旬、デパ地下で早くもサンマを売っていました。
「さすがデパート、旬なものが早い」と思いましたが、ちょっと味が
イマイチ。今日ニュースで、サンマが本州初水揚げとありました。
北海道は不漁というし・・・あれはどこのサンマだったんだろう。
071.JPG