夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » まるで板金工

ブログ

blog

まるで板金工

またまた車好きの友人から、ミニカーの塗装を頼まれました。


彼はむかしのスズキフロンテが好きで、実物を買って乗っているのですが、
そのミニカーを中古で見つけ、自分の車と同じ色に塗って欲しいと頼まれ
ました。
そのミニカーを見せてもらって唖然。写真のようにガッタガタで、一部塗装
が剥がれ、実車だったらスクラップもいいところ。
希望は塗替えだけでしたが、このまま塗るだけじゃ私の職人魂が許さない。
それを彼も見抜いていた??
これはひどすぎ・・・
車20130822_131949.jpg
日本のミニカーは、子供が遊ぶことを前提に作られているので、丈夫に肉
厚になってます。さらにドアなども開けれるようになっているので、ボディ
とドアに大きな隙間が。これだけでもなんとかしたい。
分解してみると、車輪やバンパーは他のモデルと共通らしく、車体のライン
に合ってません。ん~、制作意欲が削がれる。でも作りなおすのは大変な
ので目をつぶりましょう。
よ (2).jpg
車軸の幅が狭く不格好なので、途中でぶった切って延長しました。
20130822_131818.jpg
まず、紙やすりでボディの研磨から。かなり古いものらしく、塗装面が荒
れてます。目の粗い紙やすりから順番に使って磨き、表面をツルツルに。
次に隙間を埋めますが、ドアが開かなくなることは了承してもらいました。
むかしの日本のプラモデルもミニカーも、遊ぶことを前提にあちこち可動
するように出来ていたため、外国製に比べて精密感がありません。考え方
の違いって面白いですね。
隙間をなくすため、ボディの淵に厚みを持たせます。プラ板を細く切って
貼り、瞬間接着剤で固めます。パテを使わず時間の節約になるので便利。
でもそううまくはいかず、実は何度もやり直しました。
よ (1).JPG
ミニカーのテールライトは2つ目ですが、彼の愛車と同じ4つ目にして欲
しいと頼まれてます。直径が同じくらいの丸棒を薄く輪切りにして貼り付
けました。
5.JPG
とりあえず完成したら、下地用のスプレーを吹いて表面の傷や継ぎ目の段
差をチェック。この段階で依頼主に見せると、「まるで板金屋さんみたい」
とお褒めのお言葉をいただきました。
ば.jpg
再び表面をを磨き最終塗装に。今回の以来は薄いクリーム色なので、白に
黄色を混ぜれば簡単・・と思ったら、以外にいい色が出ません。また迷宮
に入りそうだったので、美大を出た義理の妹に配合を相談しました。
何度か塗り直しをして塗装は終了。さらに表面を磨きますが、下地が悪い
上にスケールが小さいので、ピカピカにならなかったのが心残りです。
細部に色入れをして完成。
before
車20130822_131949.jpg
after                     
し.JPG
け (1).JPG
彼が持っている当時のカタログの写真と比べると・・・似てない!
まあ、これは私の責任ではありませんが。
か.JPG