夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » トラブル続きのドライブ旅行 その1

ブログ

blog

トラブル続きのドライブ旅行 その1

前から行きたかった扉温泉に行ってきました。
でも旅行中、またまたいろんなトラブルが・・・


扉温泉というのは、長野県美ヶ原高原の近くの山の中にあります。旅館の
評価は高く、前から一度行ってみたいと思ってました。
前回、旅館予約サイトのタイムサービスでお得なプランをゲットしました
が、たまたま扉温泉が出ていたので、即座に予約しました。
トラブル1 天気
毎回のことながら、どうしても天気が気になります。特に今回は、景色の
いいヴィーナスラインを通って行くので、晴天は必須です。
最初の予報は晴れだったのに、突然台風が出現。これはもうキャンセル
しかないと思いきや、出発前日に熱帯低気圧になって消滅。もはや奇跡と
しか言えません。でも、そううまくはいきませんでした。結局当日の朝は
曇り。しかも、途中雨まで降り出しました。
トラブル2 予想外の渋滞
自宅の近くに首都高新宿線が出来たので、うまくいけば中央高速まで10
分で行けます。しかし、高速に乗る前に携帯のナビで見ると、事故渋滞で
真っ赤。そこで首都高をあきらめ、一般道で行ったのが大失敗でした。
工事で渋滞していたうえに、途中から入ろうとした高速入り口が通行止め。
結局中央高速まで40分もかかり車内は沈滞ムード。
高速は空いてましたが、時おり小雨がぱらつきます。今回はついてない。
ところが、笹子トンネルを抜けたら、いきなり青空となりました。なんか
キツネに摘ままれた感じですが、テンションは急上昇。狭い日本でも、天気
ってずいぶん違うんですね。
sora019.JPG
トラブル3 事故
喜びもつかの間、韮崎の手前で事故。渋滞4キロと電光掲示板に出ました。
近づくと、車がほとんど動かない状態。あー、せっかく晴れてきたのに。
するとサービスエリアの看板に、ETC出口の表示を見つけました。ここは
一か八か、思いきって出ることに。でも、ここで出る車がなく、一抹の不安
を覚えました。でもこれが大成功で、高速の渋滞を横目に、次の韮崎インター
までスイスイ行けました。なんで誰も出なかったのか不思議です。
トラブル4 忘れ物
諏訪インターを降りるともうお昼。やっぱり長野といえばソバでしょう。
流行っていそうなお店に入ると、5組ぐらい先客がいましたが、食べている
のは一組だけ。なかなか注文をとりに来ないので厨房まで聞きに行くと、あ
と30分かかるとのことです。山の天気は変わりやすい。時間がもったいな
いので、諦めて違う店に行くことにしました。
10分ほど走って携帯が無いことに気づきました。さっきの店に忘れた?
Uターンして戻りましたが、さっきの店にはありません。車内をよく探すと、
シートの隙間に落ちてました。また時間のロス!あー、自己嫌悪。ちなみ
にさっきのお客さんは、誰もまだ食べてませんでした。
結局長野での昼食は、喫茶店でカレーとコーヒーとなりました。
トラブル5 えっ?故障?
ビーナスラインに入り、青空の下で快適な山岳ドライブ。
ビー032.JPG
車はオートマチックですが、山道はスポーティーなマニュアルモードを使っ
て走るのが楽しみ。ガーブ手前でシフトダウンして減速し、カーブを抜けた
ら加速してシフトアップ・・・え?入らない!オートマモードにも入らない!
かろうじてローギアだけは入りますが、ミッションの故障?先日整備をした
ばかりですが、古いので故障しても不思議じゅありません。
こんな山の中でどうしよう、と考えながら待避所へ。車を止めてふとシフト
レバーを見ると、そこに携帯が挟まってました。なんだ!まったく・・・
鹿を発見。猿はたまに見かけますが、こんな間近で鹿を見たのは初めて。
鹿040.JPG
途中、八島湿原という看板に初めて気づきました。12,000年前から
泥炭層が一年に1㎜づつ堆積し、いまでは8mに達す日本最南の高層湿原
だそうで、252種の苔や植物が生息するそうです。私が見に行こうと言う
と、家内は疲れたから帰りにしようと。それがトラブルのもとに。
トラブル6 霧ヶ峰の霧
白樺湖から車山までは青空で、景色がよく見えましたが、霧ヶ峰に着いた
途端に霧。さすが地名になるほどです。頂上の美ヶ原高原も霧の中でした。
頂上には美術館がありますが、今回はパス。そこの売店で、薬を売ってい
たので驚きました。そういえば、辺鄙なところで薬を売れる、特例販売業
というのがあったような。
薬044.JPG
美ヶ原高原から扉温泉まではすぐ。なぜいままで扉温泉に行かなかったか
というと・・・以前近くにドライブに来て、道を間違え扉温泉の前を通っ
たのですが、そこから先が崖の上の細い道で、戻ることも出来ず、身の危
険を感じながらなんとか通り抜けたことがありました。それが家内のトラ
ウマになり、ずっと行くのを反対してたのです。
ここがその出口。いろいろ注意が書いてあってゲートまであります。反対
側にもいお願いします!
つう052.JPG
いよいよ旅館に着きますが、その後もいろいろトラブルが・・・ つづく