夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » もはや「クラシアン」いらず

ブログ

blog

もはや「クラシアン」いらず

10月の三連休は相変わらず実家で過ごしましたが、あっちこっち
でトラブル発生。


着いた一日目からトラブル。井戸水が出ないのです。水道もあり
ますが、トイレの水洗が井戸水なので、出ないと大問題。それに
コーヒーや炊飯は井戸水が一番おいしい。前にも一度出なくなり、
業者さんに診てもらったのですが、原因は汲み上げ用のポンプ。
交換すると30万ぐらいするので、水を浴びながら必死に直した
結果、また出るようになりました。
ポ.JPG
すると今度は、台所の排水がストップ。工場の人にパイプの掃除
道具を借り、シンクはなんとか開通したのですが、下水が流れま
せん。受水槽のフタを開けると太いパイプがありますが、借りた
道具を使うにはさすがに気が引けるし、第一太過ぎます。そこで、
長いプラスチックの棒を入れてみたら手応えゼロ。
これが軟体ブラシ。洗って天日で干して返しました
ブ.JPGのサムネイル画像
納屋や倉庫を探したのですが、適当な物がありません。竹はいっ
ぱいあるけど、枯れているから曲げたら折れちゃうだろうし・・
ん? 生えている青竹なら?いつも切る時、しなって手を焼かさ
れてます。さっそく裏へ行き、細くて長い竹を切ってきました。
叔母のアドバイスで叩いて潰し完成です。
竹039.JPG
下水管に入れると、折れずにどんどん入っていきますが、やはり
手応えがありません。やっぱりダメかと思っていたら、脂の塊が
いくつも出てきてついに貫通。先人の智恵はすばらしい。
家内に、クラシアンのように頼りになると尊敬されましたが、私
はクラシアンより役立ちます。クラシアンは植木の手入れはして
くれませんから。
季節もちょうどよくなり、庭の手入れの絶好の機会。壊れたヘッジ
カッターを修理に出したら、新しい刃になって生まれ変わりまし
た。さっそく薬師堂の垣根の刈り込みを。
もはやプロ並み?上のラインが凸凹しているのはご愛嬌です。
カ.JPG
10月中旬でしたが、まだまだ雑草は元気。いっちょ前にずうずう
しく、花を咲かせたり、実を成らしたり。
は.JPG
み.JPG
ウメモドキがきれいです
な.JPG
水を吸うと開く苔。貴重なのに、知らずに雑草と一緒に刈り取って
家内に怒られました。
こ.JPG
10月の連休の寒暖の差は凄かったですね。近くの真岡市では、前
日の昼と翌朝では20度の差を記録したとか。実家も同様で、着い
た日は暑くて冷房を入れましたが帰る頃にはこたつをつけました。
暑い時は湿気がスゴイ。1日でこれだけの湿気が取れます。
じょ055.JPG
いつも実家で除湿するたびに思うのですが、コストを度外視したら、
この水分で水不足は解消できないものでしょうか?