夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 睡眠は脳のエネルギー

ブログ

blog

睡眠は脳のエネルギー

睡眠は人間にとって不可欠ですが、特に最近睡眠の重要性がいわれる
ようになってきました。


最近寒暖の差が激しく、かぜをひく人が増えています。そういう私も先日
かぜをひき、38度5分の高熱がでました。普段睡眠時間の短い私でも、
この時ばかりは一日中熟睡。体力の回復に、いかに身体が睡眠を必要
としているかがわかります。
睡眠は体力だけでなく、脳の活性や神経の安らぎにも必要です。
いまは、世界的に子供の睡眠時間の減少が問題になってきてますが、
特に日本の子供の睡眠時間は、世界中でワースト1位だとか。その原因
は、親の都合などもありますが、一番はテレビやゲーム、スマートフォン
などの影響だそうです。
一方で、習慣の改善だけでは対処できない問題も有ります。それはスト
レス。社会環境の変化により、子供でもストレスを受けるようになりまし
た。そのストレスなどから寝付けない子供が増えてます。その原因は、
入園入学の環境の変化、友人関係やいじめ、受験のプレッシャーなど
ですが、現代の子供たちの多くはそのストレスの発散場所がなく、夜に
まで影響を及ぼして不眠になりがちです。
睡眠時間の減少は、さまざまな問題を起こします。
スペインの大学で実験した所、睡眠9時間未満の子は、コミュニケーション
力、計算能力、書き取り能力、文法力、理解力全てにおいて、睡眠9時
間以上の子供たちよりも劣ることがわかったそうです。それだけでなく、
成長の遅れや食欲不振、注意力や集中力・記憶力・作業能率・意欲の
低下、イライラ、多動、衝動行為などがみられることもあり、将来肥満に
なる可能性があるといわれています。
睡眠不足の解消には、まず生活環境の改善が第一ですが、よく眠れるよ
うにするためには、副交感神経を高め、自律神経のバランスをとること
が重要です。
①睡眠前に入浴し、一時的に交感神経を高め、その反動を利用する。
②日中はたっぷり日を浴びて運動をする。
③テレビ・ゲームなどは時間のケジメをつける。
④暗い部屋で眠る。
睡眠不足は、さらなる睡眠不足の連鎖を起こします。生活のリズムを変
える必要があるので、早起きして朝日を浴び、ずれた体内時計をリセット
することも重要なのです。
なぜ突然こんな話をしたかというと、今度群馬と福島で開かれる健康教
室で、「家庭薬でできるマインドケア」というタイトルで公演するため
勉強したからです。宇津救命丸は睡眠薬ではありませんが、心を落ち着
ける作用があるので、 良質な睡眠のお手伝いができます。