夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » みんなが潤う世界遺産効果

ブログ

blog

みんなが潤う世界遺産効果

週末、大学の友人たちと、恒例の忘年会旅行に行ってきました。


今年は、世界遺産に決まった富士山の見える河口湖に決定。ただ、
6人全員の日程が合ったのは11月の9・10日のみでした。これが
いろいろ問題の始まり。
9月初めに宿探しをしたのですが、驚いたことにすでにめぼしい旅
館はすべて満室。そんなに富士山ブームってすごいの? 聞いてみ
たら、ちょうどその頃が紅葉真っ盛りなんだそうです。納得。そんな
中、ある口コミサイト1位の旅館なのに、空室ありを見つけました。
ホームページを見ても、河口湖が一望できてよさげです。じゃあ、
なぜ空いてるのでしょう?
その答えは電話で聞いてわかりました。旅館から河口湖は望める
けど、富士山が見えないのだそうです。まあ、部屋から見えなくたっ
て、どっかに行けば見えます。それにどうせ酔っ払ったら一緒。
そう自分を納得させて予約しましたが、あとで旅行のDVDライブラリー
を見ると、出てくる旅館のすべてが富士山が見えるとこばかりです。
なんか悔しい。それに、予約した旅館が全然出てないのも不安・・・
紅葉となると、往復の高速も渋滞しそう。空いていれば東京から1
時間半ですが、混んだら3~4時間はかかるでしょう。でも、札幌
から一人来るので、早くは出れません。いっそ彼に電車で行って
もらおうかとも思いましたが、それもかわいそうです。天気も曇の
ようだし、まっ、いいか。
当日の朝、交通情報を見ると、すでに中央高速は渋滞。あ~あ憂鬱。
ところが、待ち合わせた新宿を予定通りに出発し、高速に入ると以
外にスムーズ。長野から来る友人と現地で2時ごろ待ち合わせたの
に、順調に行きすぎて12時過ぎに着いちゃいました。もし友人を
電車で行かせたら、我々より1時間半も遅い到着になってました。
(電車で新宿から3時間もかかるんですね)。
途中、今話題のリニヤ新幹線の下を通過。
り.JPG
河口湖に着き、早速昼食。いろいろ下調べはしてきたのですが、昼
食は高速の途中で食べるつもりでいたので想定外。湖畔の店を物色
し、一番洒落た建物の店に入りました。洋食屋さんかと思いきや、
メインは蕎麦とうどん。友人達はそれにしましたが、私は嫌な予感
がしたので、ワカサギのフライに。でも、目の前が河口湖とはいえ、
時節柄、そこでほんとに採れたのかと疑問に思ってしまいます。
結果はすべて撃沈。ワカサギは、安い天丼のエビのようにドテラを
着ているような衣でした。でも蕎麦やうどんよりはよかったみたい。
えてして観光地の食堂は・・・。値段も高いのに、次々とお客さん
が入ってきます。これも富士山のおかげ?
あか050.JPG
時間があるので、すぐそばにあるロープウェイに乗ることに。河口
湖には何度も来てますが、ロープウェイに乗るのは初めて。得意の
旅番組のDVDライブラリーで調べてきてよかった。
かちかち山ロープウェイ。なんとも・・・でも結構並んでます
ち.JPG
たぬきと
たぬ.JPG
うさぎがいるんですね
うさ.JPG
上に上がると、紅葉に染まった河口湖が一望でき、なかなかの
ロケーション。
かわ.JPG
展望台から、雲の中に富士山の頭がチラッと見えました。どうせ
旅館から見えないんだから、もうお隠れになっても結構です。
(我ながら心が狭い)
ふじ.JPG
帰りのロープウェイを降りると、待ってる乗客はさっきの数倍にも
なり、長蛇の列をなしてました。むかしはガラガラだったのでしょ
うが。駐車場に戻ると、長野から来た友人も到着。旅館に行くのは
まだ早いので、河口湖を一周しょうとしたら途中で渋滞。 Uターン
して戻りましたが、その日放送の旅番組を録画で見たら、その先で
紅葉祭りをやっていたようです。1日早く放送してたら・・・
河口湖の回りには、浅間神社がいくつかあります。山梨県になぜ
浅間神社?と思ったら、「せんげん」と読んで富士山信仰をいうん
ですね。その1つの 富士御室浅間神社へ行きました。なかなか
荘厳な雰囲気の神社です。
屋根の形から、なんか古そうな感じ
じ.JPG
神殿の奥行きが異常に深いのに驚きです
名前を.JPG
それもそのはず、横から見るとつながっているんです。こんなの初
めて見ました。
よ.JPG
もう一つ、別の建物が。こっちが本宮?
もん123.JPG
詳しくは下記のホームページで。
富士御室浅間神社

旅館に向かう途中、酔払のエネルギーを買うため酒屋さんに寄りま
した。「どちらにお泊りですか?」と聞かれ、旅館の名前を言うと、
どうも心当たりがない様子。地元の酒屋さんが知らないって・・・
さて、我々の運命は?
   つづく