夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 挨拶回り

ブログ

blog

挨拶回り

まだ正月ネタを引きずっています。


私が会社に入ったころは、正月といえば会社でどんちゃん騒ぎ。
たしか10時始まりで、女性社員は日本髪に着物。挨拶に来た
お客さんと1日中お酒を飲み、お年寄りの社員が着物を着て机の
上で黒田節を踊っていたのを覚えています。いい時代でした。
最近でも、一部の銀行と卸さんはお酒が出ます。お酒の飲めな
い私は3社も回ると、ちょっと口を付けただけでほろ酔い気分。
今年の正月休みは9連休でしたが、4日から始める卸さんがあ
り、その日だけは朝イチで行ってきました。といっても、一社
づつ社長の所に行って、乾杯して1~2分で終わり。なんせ何
十社も来ますから。一番に行こうと早く行ったのですが、会場
に入ったらすでに多くの人が。よく見たら、朝礼を待つ社員さ
んで、あわてて外に出ました。
6日には卸と銀行にご挨拶。8日には、卸・メーカーの合同
新年会がありました。今年はゲストに監督官庁や議員をお呼び
したので、挨拶だけで1時間以上。ずっと立って聞いているの
は辛いです。
10日と14日は、工場の地元で挨拶回り。こっちの方が大変
でした。今年の夏は、一万燈のお祭を予定しているので、町長
初め役場の産業課、観光協会、商工会、学校、保育園など13
箇所へ。去年暮れに載った週刊現代を各所に配りましたが、私
が載った前の頁が今話題の細川元首相ですから、話題としては
タイムリーです。
昨年の秋に、4年生が史料館見学に来られた小学校へも行きま
した。生徒全員からお礼の手紙を頂いたので、校長先生にご挨
拶。地元の小学校では、4年生になると授業の一環でうちの史
料館や薬師堂の見学に来るのです。週刊現代は表紙がセンセー
ショナルなので、小学校に持って行くのは気が引けましたが、
校長先生は工夫して生徒たちに見せてくれるとのことでした。
町中にある小学校はいま生徒数が400人ほどだそうですが、
農村部の小学校は80人しかいなく、今年の入学予定数は8人
だそうです。いま少子化ではありますが、いかに農村部の人口
が減っているかがわかります。