夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 雪降って、地(域)固まる

ブログ

blog

雪降って、地(域)固まる

東京に40年ぶりという大雪が降りました。


今年に入って、雪が降る降るといわれながら降りませんでした
が、今回は本物でした。しかも2週続けて。最初は土・日です。
前日の予報で「大雪なので外出は控えてください」とのことな
ので、前の晩に食料を買いだめに行きました。むかし台風が来
る前に、母が備えをしているのを見てなぜかワクワクしたのを
思い出します。
これで準備万端・・・といかないのがウチです。しばらく前か
ら愛犬リリの具合が悪く、翌日どうしても獣医さんに連れてい
かなくてはなりません。病院まで2キロぐらいあるので、車
で行かないと。タイヤはノーマルだし、チェーンも無いので最
悪です。でも、前輪駆動なので少しはマシかもしれません。
みち.JPG
土曜日は、やっぱり朝から雪。まだ小雪のうちに、朝一番で獣
医さんの所へ。点滴を受けてる間もどんどん雪が積もってきま
したが、何とか無事に帰宅できました。
家内が、去年買った融雪剤(塩化カリウム)を撒くと言い張るの
で、寒い雪の中で地みーに顆粒を撒きました。結果は・・・積
雪がすごすぎてわかりませんでした。
ゆき (2).JPG
翌日の日曜日はおもいっきり晴れ。朝から近所の人総出で雪
かきです。スコップが3つあるので、家内と息子たちも参加。
めったに顔を合わせないご近所の人たちとも、挨拶しながら雪
かき。ちょっとした社交場です。雪かき奉行の奥さんがいて、
「ここは凍るからもっとかかないと」とか「ここに日が当たる
からここに積んで」とかみんなに指示してました。
雪を積むなら日なたです。向かいの家のご主人に、塀沿いに雪
を積ませて欲しいとお願いし、快く承諾してくれました。気は心
です。ついでにスキーの話で盛り上がりました。
最近引っ越してきた斜め向かいのご主人に、スコップの柄が折
れたので貸して欲しいと言われて貸してあげました。初めて
言葉を交わしたかもしれません。
近所に住む親戚の夫婦も手伝いに来ました。家内が溶雪剤の話
をすると、東大薬学部のご主人は車が錆びると反対。でも奥さ
んは「あとで撒く」と言ってました。夫婦でも意見はいろいろ。
後でネットで調べると、溶雪剤は塩化カルシウムの方がいいそ
うで、塩化カリウムは温度を下げるので逆効果とか。オイオイ。
ゆき (1).JPG
テレビのインタビューで、みんな雪かきして腰がいたいと言っ
てましたが「あまいあまい」。われわれは実家で重い木を運ん
でいるので、まったく疲労感がありません。
近所にこんなシャレたことをする人も・・
ソチ.JPG
でも、都会は雪かきする人がいるからまだいいです。月曜に電
車で工場に行ったら、ふだん駅前に停まっているタクシーがゼロ。
私の前に3人しかいないのに、乗れるまで40分かかりました。
タクシーは2社で18台あるそうですが、なぜ来ないのか運転手
さんに聞いたら、とにかく幹線を外れた畑道に入ると、雪が多す
ぎてどうにもならないとのこと。
40年前というと、まだ私が大学生ぐらいのころ。そういえば、
近くで工事していた未完成の道路の坂でスキーをした覚えがあ
ります。小学生の頃は、校庭で雪合戦もよくやりました。
都内でもよく雪が降ったので、車を買うときは必ずチェーンも
一緒に買ったものです(値引き代わりにサービスしてました)。
まだオートバックスのようなカー用品のお店がなかった頃です。
翌週も金・土と大雪でした。この日、叔母を連れて福井へ旅行
に行くつもりでいましたが、先週のように飛行機が欠航になる
かもしれません。もし行けても、帰って来れなかったら大変。
当日の朝旅館に電話すると、雪で来れなくなるお客さんは日常
茶飯事と、延期に快く応じてくれました。
朝方はまだそんなに降っておらず、休みをとっていたのでリリ
を病院に連れて行きました。点滴が夕方までかかるそう。午後
から降りがどんどんひどくなり、迎えはどうしようかと困って
ました。すると、近所の愛犬家の奥さんが、スタッドレスタイ
ヤなので迎えに行ってくれるといいます。しかも旦那さんの運
転で。恐縮の上、感謝感激です。
今回も予想以上の大雪。金曜日、行きの飛行機は飛びましたが、
土曜日の帰りの飛行機は欠航になってなってました。今度書き
ますが、いろんな意味で行かなくてよかったです。
夜に幻想的な写真が撮れました
ヨル.JPG
土曜日の朝、またみんなで雪かき。前の家のご主人も、今度は
スコップを買ってありました。またリリを病院に連れて行くた
め、大通りまで50mぐらい子供たちと近所の人とで雪かき。
どこよりも道がきれいに片付きました。