夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ドラッグストアショーと健康博

ブログ

blog

ドラッグストアショーと健康博

先週の金曜日、幕張で開かれていたドラッグストアショーと、お台場
で開かれてた健康博覧会に行ってきました。


ドラッグストア(DS)ショーは金曜から日曜まで、健康博は木金なので、
金曜が両方見られる唯一

    の日。DSショーは土日に一般公開されま
    すが、健康博は業界オンリーなのでこういう日どりになったようです。
    DSショーは今年で14回目。ドラッグストアーの扱う商品の拡大を反
    映して、展示メーカーは医薬品はもちろん、化粧品、健康食品、食品、
    衣料品、トイレタリー、DIY用品、園芸用品、ペット用品、アクセサリー、
    ホビー、メガネ・コンタクト、文具、アウトドア用品、ゲーム、携帯電話
    など多種多彩です。
    ドラ.JPG
    取り扱い商品を見ると、ドラッグストアという名称が不釣合いなぐらい
    ですが、ある統計によるとDSの薬の扱いは年々減り、調剤を含めて
    も20%を切るとか。反面、薬の利益率はダントツに高いそう。これも
    メーカーの血の滲む努力です。
    このショーの前に、当社の社員(女性)から不思議な話しを聞きました。
    松戸に住む彼女が千葉テレビを見ていると、ある番組でインタビュー
    を受けた人が「今度のDSショーに出店するんです」と答えたそうです。
    アナウンサーが「何かいいこと有りますか?」と聞くと「今回、宇津
    救命丸とコラボするんですよ」と嬉しそうに言ったとのこと。
    翌日、彼女からその話を聞きましたが、私も営業もそんな話はまった
    く知りません。詳細が知りたくて千葉テレビに問合せましたが、明快
    な返事はありませんでした。もし冗談だったとしても、なんでウチの
    名前を・・・? 彼女に「夢を見ていたのでは?」と言いましたが、間
    違いないとのこと。キツネに摘まれたような話です。
    メーカーのブースも年々大きく派手になってきました。
    会場 (1).JPG
    元祖ゆるキャラも。ちょっとお痩せになったんじゃ・・・
    ぴょん.JPG
    当社は出店してませんが、家庭薬のコーナーに商品を展示してもらい
    ました。今回の目玉は、前回薬の金看板を貸していただいたコレクター
    の薬局さんから、むかしのパッケージを多数貸していただきました。
    これだけ個人で持ってるのはスゴイです。
    古い (1).JPG
    別のエリアの化粧品コーナーで桃の葉ローションを展示してもらいま
    した。
    古い (2).JPG
    会場から巨大なイオンモールが見えました。ほんとはこっちも行って
    みたかった。
    イオン.JPG
    午後は東京に戻り、健康博をやってるビックサイトへ行きました。
    こちらは健康食品、健康器具、美容器具、受託メーカーなど小規模な
    メーカーが多く、小さなブースが沢山ありました。いまや健康食品は
    医薬品を凌駕するほどの勢い。そのせいか、人出もこっちの方が多い
    ような。
    健康会場.JPG
    衛生放送を見ていると、スポンサーは健食か化粧品か保険がほとんど。
    CMの秒数が長いので、中には過激なものも見られます。医薬品では言
    えないようなことを言っていながら、「これは個人の感想です」とい
    うテロップが入っていたり・・・
    安部首相も、医療費の圧縮のために健食を薦めてるそうですが、そ
    の前に、保険を使わない一般薬をもっと推奨して欲しいものです。
    しかし、健康食品の定義がイマイチよくわかりません。まあ、私が好
    きな牛肉、洋菓子、チョコレート、炭酸飲料は、( 摂り過ぎたら)不
    健康食品なのは間違いないですが。
    激安ブームを反映してか、「健康食品を○○円で作ります」とか、
    「○○個から○○円で作れます」といった受託メーカーが目立ちまし
    た。いい商品が安く作れるにこしたことはありませんが、問題は薬と
    違って品質の規制が厳しくないところ。なんせ食品ですから。
    以前ある健康食品がブレイクし、沢山のメーカーが作り出しました。
    それを当局が調査したところ、成分の特性も知らずに間違った製法で
    作っていたり、分析したら7割の商品の含有量が表示より低く、ひど
    いのは含有量がゼロのメーカーもあったとか。まあ、いまどきそんな
    メーカーもないでしょうが。
    会場の半分は健康器具や関連グッズを展示してました。中にはパワー
    が湧くという怪しげなグッズを売ってるところも(データーがあるそ
    うですが?)。
    健康に関する多種多様な商品がありましたが、全部試したら何歳まで
    生きられるか?・・・なんて、薬剤師らしからぬ愚問でした。
    まあ健康に一番いいのは、十分な睡眠とバランスのとれた食生活で
    しょうね。。