夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 物を大切に

ブログ

blog

物を大切に

いまは商品が安くなり、修理するより買った方が安いなんて
ことが多くなりました。


連休中に、実家で家内の携帯電話が充電できなくなりました。
買ってまだ半年なので、保証で直るだろうとショップに持って
行くと、プラグ口の調子が悪く充電出来ないとのこと。部品を
替えるのかと思ったら、保険に入っているので5千円で新品
になると言われました。
無償で修理が普通でしょうが、「有料だけどバージョンアップ
された新品に替えてくれる」というのがミソ。家内もまんまと
戦略にハマリました。新品が届くのに3日かかるそうで、その
間代替品を貸してくれるとのこと。でも電池切れでデータが移
せないと大苦戦。一生懸命やってもらい、少し充電できてアド
レスだけは移せました。
残りのデータも移すには、なんとか充電しなくては。こういう
のって燃えてきます。家に帰り、輪ゴムで工夫して固定すると
なんと充電開始しました。そしてついに100%充電完了。
ショップもサジを投げた偉業達成です。
写真はそのときの再現です。
20140519_091910.jpg
3日目に新品を取りに行き、めでたくデータを全部移してもら
いました。家内は新しくなった携帯にウキウキ。でも、連休中
だったので両日とも1時間以上待たされ、作業と説明と往復の
時間を入れると合計6時間以上もかかりました。
連休明けに会社のそばのショップを覗くと、客は1人もいませ
んでした。連休中の私の貴重な6時間を返して欲しい!
以前、数年間使ってインクが出なくなったプリンターを量販店
に修理に持って行ったときのこと。前はメーカーの見積を取っ
てから修理したのに、いまは症状を聞いただけで修理代は〇〇円
と言われました(金額忘れましたが1万前後)。その高さに
ビックリしたのですが、あと少し足せば新しいプリンターが買
えると言われ、更にビックリ。
機能も新しくなってるので迷いましたが、結局修理用ポイント
が溜まっていたので、現金を足して修理しました。まあ、ポイ
ントが無ければ新品を買っていたでしょうが。そういえば、
シェーバーが壊れたときも、お店で新しい機種を買った方が得
だと薦められ、新品に替えました。
電化製品の中でも、壊れなくなったのはテレビです。むかしは
値段もすごく高く、すぐに壊れるので街の電気屋さんがよく修
理に来てました。いまは値段が安くなったので、新しいのに買
い替え、まだ見れるテレビを捨ててしまうこともあるようです。
拾った電化製品で生活してる、なんて人もいるぐらい。
新しくなれば気持ちもいいし、機能もよくなってる場合もあり
ますが、どんどん使い捨ての時代が進めば、資源もすぐに枯渇
してしまうのではないでしょうか。
ボイラーの寿命はふつう10年といわれてるらしいですが、うち
の暖房と湯沸し器のボイラーは25年の現役です。点検にきた
ガス屋さんが「これは奇跡だ」と驚いたぐらい。
でも、最近ご機嫌斜めなことが多く、冬に暖房がついたりつか
なかったり。暖房はそんなに困りませんが、あるときお風呂と
洗面所のお湯が出なくなり、これは困りました。さすがにもう
だめかと観念しガス器具店に電話すると、ボイラーのプラグを
抜いてまた入れると復活することがあると教えてくれました。
ボイラーのある塀と壁の狭い隙間に潜り込み、やってみると見
事に復活。何かとすぐ取り替えさせようとする業者が多い中、
こういうアドバイスをくれるお店は信頼できます。こんど壊れ
たら、迷わずこのお店に頼むでしょう。