夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 物を大切に 2

ブログ

blog

物を大切に 2

昔の人は、物を大切に使っていました。


戦争を経験した祖母や母は物持ちがよくて、包装紙や紐は絶対
に捨てず、物置には古いふとんや衣料、食器などがぎっしり。
でも、一度物置きに入れたものは、二度と陽の目を見ることは
ありませんでしたが・・・
鍋や釜が貴重な時代は、修理屋さんが街を廻って空いた穴を
修理していました。知り合いの家にあった古い扇風機は、触る
と「ビリッ」と感電しましたが、それでも大切に使ってました。
そんな時代を知ってるので、自分で直せるものは直して使う主
義。掃除機のスイッチの接触不良を直すなんて朝飯前です。
これだって修理に出したら4~5千円、ヘタをしたら新しい
ホース(特殊なホースなので1万円)を買わされます。
掃除機.JPG
庭仕事に使ってるお気に入りの迷彩服。さすが本物(米軍の放
出品)だけあって丈夫ですが、長年の酷使であちこちほころん
できました。家内につぎを当ててもらったら、なんだか貧乏な
ゲリラのようになりました(生地が厚くてつぎあては大変だっ
たそうです)。でもまだまだ使えます。
ゲリラ.JPG
頻繁に使ってた熊手が壊れました。ホームセンターに行けば
数百円で売ってますが、日本製のしっかりした物なので直し
て使うことに。ついでに壊れてた小熊手2つ(インドネシア製)
も直してあげました。縁側に座り、隣では家内が落ち葉を入
れるザックの破れを直しています。まるで農家の老夫婦のよう。
こんなフニャフニャの熊手が・・・
くまで1.JPG
しっかりした熊手に生き返りました。インドネシア人もビックリ。
くまで2 - コピー.JPG
宇都宮に住んでいる伯母(母の妹)夫婦と従姉妹が、母の命日
に墓参りに来てくれました。そのとき家内がコーヒーを出した
のですが、私はカプチーノのため大きめのカップ。それは我々
の結婚式の引き出物でした。叔母にその話をすると、叔母の家
にもまだあると言われました。
そして衝撃の事実が。なんと残りの4個は伯母夫婦の結婚式の
引き出物だったのです。お互い40年近くも大切に使ってたの
ですね。
右がわれわれ、左が叔母夫婦の引き出物のカップです
カップ.JPG
このカップの話には続きがあります。
私たちの結婚式の引き出物は、ペアのカップでした。結婚式に
出席してくれた友人たちとはいまでも付き合ってますが、みん
なこのカップをまだ持っていてくれてるようです(ウチは1個
割りましたが)。中には、その友人同士が結婚し、家に4つあ
る家庭も。みんな昭和生まれですから大事にしてくれます。
そうそう、2度結婚した友人の引き出物が2回ともシャンパン
グラスでした。彼は2度目も離婚し、10脚のシャンパングラス
が残りました。