夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 回転寿司のびっくりネタ

ブログ

blog

回転寿司のびっくりネタ

ネタと言っても具のことではありません。回転寿司にまつわる
びっくりネタです。


8年ほど前に和歌山に行ったとき、お昼を海辺の回転寿司店
で食べることにしました。海辺の店だからネタも新鮮でしょう。
期待しながら中に入ると、寿司に混じってうどんが回ってまし
た。しかも、ほとんどの人がそのうどんを食べてます。地元の
人で魚は食べ飽きてるのだろうなと思いました。
しかし寿司を食べてみて、うどんを食べている人が多い理由
がわかりました。びっくりするほどまずかったのです。
その晩泊まった宿で、マッサージさんにその話をすると、和
歌山は魚が美味しくないんだと言われました(当時です)。
そういえば、夜の食事もなぜかすき焼きでした。
これも10年ぐらい前、実家のそばの回転寿司屋に行ったと
きのこと。廻っているお寿司がなんか干からびてるように見
えました。いまは何周かすると破棄するようですが、当時は
誰も食べないといつまでも廻ってました。その中でもサーモン
の握りは、上に乗ったマヨネーズが黄色く変色してるぐらい
の不人気ぶり。
みんな直接板前さんに頼んで握ってもらってましたが、そこ
に息子が遅れてやってきました。そして椅子に座るなり、例
のサーモンの皿を取ってパクり。それも驚きましたが、次に
「うまい!」と言ったのでもっとビックリ(名誉のために何
番目の息子かは秘密です)。
もう一つむかしの話。叔父夫婦が回転寿司を食べたことがな
いというので連れて行きました。ぐるぐる廻っている寿司を
見て二人ともびっくり。やっとお皿をとって食べましたが、
その食べたお皿をまたベルトの上に戻そうとしたので、今度
はこっちがびっくりしました。