夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 熱海の金目

ブログ

blog

熱海の金目

最近祭りの準備で忙しくブログを書いてる暇さえありません。
(決して私がお祭り男という訳ではありませんが・・・)。
今回は、大学時代のクラブの友人たちと熱海に行った話です。


学生時代のクラブの友人たちと年に1回旅行に行くのですが、
1人が、熱海に新しく出来たリゾートホテルの会員権を買っ
たというので、そこに行くことにしました。
熱海といえば魚料理。私は魚よりも肉派ですが、金目の煮付けは
大好物です。数ヵ月前に伊豆に行って美味しい金目が食べれな
かったので、今回は絶対に食べると宣言。
天気がよければ伊豆半島を横断し、河津か稲取辺りで金目を食べ
て…と思ってました。しかし、当日はあいにくの雨模様。しかた
なく小田原辺りで昼御飯を食べることに。でも、まっすぐ行くの
も元自動車クラブとしては芸がない。そこで、新しく中央道と東
名まで繋がった圏央道を走ってみることに。まったく意味のない
ドライブですが。
圏央道が東名から常磐道まで繋がれば、首都高の混雑は相当緩和
されるでしょう。まあ、それも料金次第でしょうが。
中央道の八王子から圏央道に入り、快適なドライブをしてると、
もうひとつの問題に直面。それはジャンクションの渋滞です。
せっかく新しい高速が繋がっても、ジャンクションで2車線が
1車線になるわけだから、それが最大のネックです。
我々もそれに巻き込まれ、かなりのロスをしてしまいました。
小田原に着いたのは昼過ぎ。初めに行こうと思ってた回転寿司は
行列が出来てて断念し、いつも行く和食店に行きました。
家内と一緒だと絶対頼めない料理を頼めるのも友人達との旅行の
醍醐味。特に私はお酒を飲まないので、割り勘負けしないように
料理で勝負です。早速金目の煮付けを頼みました。
しかし、味はいまいちでリベンジならず。案外早く出てきたので、
もしかしたら作りおきか?
煮汁はまあまあでしたが・・・
きんめ.JPG
食事のあとはまっすぐホテルへ。
そのリゾートホテルは崖の斜面に建っているので、ロビーからの
眺めはバツグン。いま流行りなのか、目前に水が張ってあるので、
海との境がなくて幻想的です。
014景色いい.JPG
部屋は露天風呂付きのメゾネットタイプ。風呂からの眺めもなか
なかです。花火大会の時などは最高でしょう。会員制のリゾート
ホテルは何度か行きましたが、ここは一番いいかも。でも、会員
といえどなかなか予約が取れないというので良し悪しです。
こんなご当地サイダーを売ってました。
たんな (2).JPG
夕飯は街に出ました。バスで熱海駅まで送ってもらい、ぷらぶら
と散歩。閉まってる店が多く、これが噂のシャッター商店街?
商店 (1).JPG
こんなクラシックな旅館もありました。
旅館.JPG
食事の場所は、友人お勧めの寿司店。かなりの人気店なのか、予
約した我々を含めて満席でした。我々夫婦が寿司屋さんに行くと、
握りしか頼まないので30分ぐらいしかいませんが、酒飲みと行
くと長いこと。
ここでも金目の煮付けを頼んでみましたが、さすがに出来たて。
やっと美味しい金目の煮付けにありつけました。
きんめ2.JPG
酒のハンディがあるため、寿司は友人たちより2ランク上の特上
です。
特上.JPG
部屋に戻ると、ゲーム好きの友人が新しいゲームを買ってきたと
のこと。60過ぎたオヤジがゲームで白熱し、全部のゲームを制
覇するのに2時間ほどかかりました。
ゲーム.JPG
翌日はまあまあの天気。お昼は三島でうなぎと決めてました。
途中、丹那断層を見学。丹那断層は、伊豆半島の根本に30キロ
ほど出来た天然記念物の断層です。むかし来た時より屋根が出来
たりして保存がしっかりしてました。
石の輪だったのが、3m近くもズレてます。
たんな (1).JPG
その近くの農家でスイカを買いました。最近はスーパーで切って
あるスイカばかり買うので、まるごと1個は久しぶり。叩いて
音を聞きながら選ぶのも久しぶりです。
スイカ.JPG
三島で一度見たかったのは、街の中を流れるせせらぎ。三島は湧
き水の宝庫だそうで、家々の間を流れるきれいなせせらぎがよく
テレビで紹介されます。三島に詳しい友人にリクエストすると、
「まかしとけ」と言って柿田川公園に連れて行かれました。
なんだ、ここはただの渓谷じゃん!
渓谷.JPG
暑い中を登ったり下ったりしてグロッキー。私は、街中を流れる
平坦なせせらぎが見たかったのに。
水源は、忍野八海のように綺麗でした。
水源.JPG
鰻屋さんは名店なのかけっこう人が並んでいて、かなりの時間
待たされました。鰻の値が上がっていても、食べたい人は沢山
いるんですね。
帰り、東名高速から首都高の新宿線に。山手トンネルを走って
いると、目の前を2台の白バイが走っていました。追い越し車
線を飛ばしてきた車も、気がついてスピードを緩めます。
しかし、サイレンも付いて白いヘルメットをかぶり、どう見て
も白バイなのに、なんか黄色っぽく見えるのは街路灯のせい?
トンネルを抜けて外に出ると、なんとそれは黄色バイ。どうも
道路公団のパトロールのようです。初めて見ましたが、みんな
が間違えて気持ちいいでしょうね。
きばい.JPG