夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 雑感

ブログ

blog

雑感

母が亡くなって3週間がたちました。
亡くなってから葬儀が終わるまで、あわただしく
あっという間に過ぎてしまいましたが、その後に
しなくてはならないことが沢山ありました。


まずしなくてはならないのは、いろいろな支払い
です。葬儀に係わるいろいろな費用から、母が
お世話になっていた病院、介護施設、ヘルパー
派遣所や、住んでいた家のガス代、電気代、
水道代、税金など。そして、今後の口座引落と
しの変更届けもしなくてはなりませんせした。
週末には本籍のある栃木に行って、各種届けに
必要な戸籍謄本を役場にもらいに行きました。
「四十九日」の法事に間に合わせるために、仏具
屋さんに行って位牌を頼み、墓石屋さんに会って
父の墓石に母の名前と戒名を彫ってもらうように
頼みました。
今朝は年金の届けをするために、あの話題の
社会保険庁の窓口(社会保険事務所)に行って
きました。
受付で聞くと、年金相談の所で整理番号を取っ
て待っていてくれとのこと。見ると十数人待って
いるのに、担当は二人しかいません。
いろいろな役所に行きましたが、届出と相談の
窓口が一緒と言うのは初めてでした。
相談者にとって年金は死活問題ですから、1人
の相談に時間がかかります。私はただ届出を
するだけなのに、1時間近くも待たされました。
こんなことでも「やっぱり社会保険庁は・・・」と
いうような気持ちになってしまいます。
でも年金がもらえなくなると困るので、この辺で
やめておきましょう。