夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » あせもと桃の葉

ブログ

blog

あせもと桃の葉

そろそろいやな梅雨の季節ですね(すでに梅雨
に入っている地方もありますが)。
梅雨から暑い夏にかけて、赤ちゃんやお子様の
お肌にできやすいのが「あせも」です。


「あせも」は、汗の出る汗腺の出口が汗やほこり、
垢などでふさがり、炎症を起こしてできます。
なぜ赤ちゃんや小さなお子様に「あせも」ができ
やすいかというと、小さなな身体に大人と同じ数
の汗腺があり、新陳代謝が活発で沢山汗をかく
からです。その上、まだ十分に開いていない汗腺
もあってつまりやすくなっているからです。
   
汗が出て溜まりやすい皮膚と皮膚、皮膚と衣服が
触れ合うところに多くできやすく、強いかゆみのため
にかきむしってしまうことがあります。
化膿するとなかなか治りづらくなりますから、予防
と早めのお手当てが肝心です。
(当社HPの「スキンケア」に予防策が載っています)
ところで「あせも」といえば、昔から民間療法として
使われてきたのが桃の葉です。
桃の葉には、タンニンなど消炎・解熱に有効な成分
が含まれ、強い紫外線による日焼けや、あせも・
しっしんなど、トラブルの多い夏の肌には最適です。
そのことを経験から学んでいた先人の知恵はすばら
しいですね。
(PR)
当社には、ももの葉を配合した「宇津ベビーローション」
と、さらにカミツレをプラスした「宇津ベビーローション
プラス」があります。
お子様の夏のお肌対策にぜひどうぞ。
もちろんお肌のデリケートな大人の方にもおすすめです。