夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 必ず散財する北海道展

ブログ

blog

必ず散財する北海道展

先日、たまたま行ったデパートで北海道うまいもの展を
やってました。


北海道は食材の宝庫なので、いま一番人を呼べるイベント
だそうです。われわれも行ってみることにしましたが、何
も買わずには帰れないでしょう。
通路 (2).JPG
やっぱり人気は海鮮弁当。いくつものお店で売ってます。
普段なら絶対買わない値段でも、その雰囲気でつい買って
しまうから不思議です。実際、二千円から三千円もする
お弁当がじゃんじゃん売れてました。でも実際食べてみて
ガッカリしたこともありました。なので、海鮮弁当は買わ
ないことにしています。
定番の「いくら」もあちこちで売っていますが、みんな高い。
「空飛ぶいくら」といって、昨日採れたいくらを空輸して
いるのだそうです。でも、自家製のいくらで十分かな。
これは自家製のいくら。頼めばほぐしてくれるので、あと
はタレに漬けるだけ。市販の3分の1の値段です。
ブタ (2).JPG
今晩のおかずに鳥のもも焼きとコロッケを買いました。
あとで考えると、なぜこんなのを買ったかは謎。やっぱり
雰囲気に飲まれちゃうんですよね。
あとは、定番の北海道限定の六角堂のお菓子を購入。
美味しそうなローストビーフの店があり、シェフが説明し
てましたが、今日の昼食は決めてます。長居をするとどん
どん買ってしまいそうなので、とっとと現場を離脱。
ところが、エスカレーターの所まで来て悩みました。あの
ローストビーフが頭を離れません。今日食べようと思って
た店はいつでも行けるけど、このフェアは一週間のみ。
これが北海道展の魔力です。
会場に戻ってお店に行くと、シェフが満面の笑みを浮かべ
て迎えてくれました。他の店は混んでいるのに、店内は
ガラガラ。やっぱり北海道とローストビーフは結びつかな
いんでしょう。これは失敗だったか。
しかし、シェフ自ら持ってきてくれた料理は絶品でした。
聞くと、評判が良くて出店は3回目とのこと。納得です。
白v (2).JPG
満足して帰ると、途中に「白い恋人」の石屋がパフェを売
ってました。これは食べずに帰れません。家内が並んで私
が席を確保。すると家内は、パフェではなくソフトクリーム
を買ってきました。家内いわく、宇津家の「パフェご法度」
に当たる、ケーキ(バームクーヘン)とゼリーが入ってたか
ら止めたとのこと。正しい判断です。
白v (1).JPG
戦利 (2).JPG
さらに、美味しそうな十勝の豚丼弁当を売っていましたが、
さすがに今日の夕飯はいっぱいなので断念しました。
でも、帰宅してからも豚丼が忘れられず、翌日家内に買い
に行ってもらいました。やっぱり北海道展は魔物です。
ブタ (1).JPG
今回の散財一式
戦利 (1).JPG