夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » いつもトラぶる うちの旅行

ブログ

blog

いつもトラぶる うちの旅行

最近の旅番組では、一万円以下のリーズナブルな旅館や
ホテルがよく紹介されてます。たいてい夕飯はバイキング
ですが、あるとき伊豆高原のホテルで夕飯がフレンチの
フルコースというのをやってました。それもフォアグラに
アワビ、魚料理に肉料理(伊豆牛)という豪華料理。広い
露天風呂もあってこれはいい!!
たまには姉夫婦を誘って行こうと思い、早速ネットで空室
を見るとなんと予約は2ヶ月先までいっぱい。やっぱりねー。
それが去年のことで、先月やっと予約した日がきました。
ところが、その日に限って東京は雪。テレビでは大雪だ
とか1日中雪だとか大騒ぎです。でも姉は行く気満々なの
で(神奈川県在住)、仕方なく電車で行くことに。たまに
電車もいいでしょう。でもそれがトラブルのもとでした。
雪.JPG
東京駅から伊豆高原まで、電車の種類によって2926円
から5700円まであります。宿泊代が安いのに高い電車
代を払うのもバカバカしいと、最安値の普通列車で行くこ
とに。でも2時間50分もかかるので、せめて熱海までは
グリーン車にしました。といっても、普通列車のグリーン
は安い。指定はないですが、ホームで買うと平日980円、
土日は780円です(車内で買うと若干高いので要注意)。
これが券売機。スイカじゃないと買えません。
券売機003.JPG
たしか2階建て電車のルーツは近鉄のビスターカ―だと・・
002二階.JPG
このマークにスイカをかざすとOK。慣れない我々はライト
の方に一所懸命かざし、おかしい?おかしい?と言ってま
した。チョー恥ずかしい。
スイカ005.JPG
東京駅を出ると全然雪なんかありません。あの騒ぎはなん
だったんだ?最近天気予報は肩すかしが多いです。熱海で
伊豆急に乗り換え伊豆高原に着くと、本降りの雨になって
ました。
伊豆急の伊豆高原駅はJRの伊東駅より立派でビックリ
伊豆急012.JPG
迎えのマイクロバスでホテルへ。フロントでチェックインし
て説明を聞くと、なんとなく安い理由がわかってきました。
まず男性の内風呂がない。入りたい人は送迎車で10分
ほど離れた別館に行かなくてはなりません。露天風呂はあ
るけど100m離れた外で、今の季節は部屋にあるコート
を着て行くそう。そんなことテレビで言ってなかったけど。
交通整理のガードマンが着るようなコート
コート018.JPGのサムネイル画像
部屋はけっこう広く、広いベランダが付いてます。
部屋015.JPG
さっそくお風呂に入ろうと、そのコートを着て露天風呂へ。
館内の出口までけっこう遠く、さらにそこから100m外。
通路に屋根はあるけど壁がないので、風と雨が吹きつけま
す。やっとお風呂に着くと、誰もいません。この雨で露天
風呂に入る人もいないでしょう。でも、たいていは屋根が
少しあるものです。
ところが、湯船は広いけど屋根がない。いや、屋根はある
けど湯船の所にない。なぜ? 土砂降りでこれじゃ入れま
せん。雨用の笠は?探すとたった1つありました。なんで
1つしかないのかこれもナゾ。でもこれでミッションクリア
です。
露天020.JPG
こんなコーラ売ってました。味の想像がつきません。
ko-ra 013.JPG
夕飯はレストランで。さて料理は?テレビは正直か?
若干メニューは違ってましたが、目玉となる料理はちゃん
と出てきました。レストランのフルコースとはいきません
が、味も量も十分。ワンドリンクサービスで、姉夫婦は
ワインのハーフボトルを頼んでました。これって不公平。
小さいけれどアワビはアワビ。フォアグラはちょっと健康
的すぎたかなー。
アワビ.JPG
満足して部屋に帰り、帰りのことを考えました。めったに
電車で来ることもないので、帰りはちょっと贅沢しようか
と。それに使ったお金はホテル代のみだし。
そこで「えきねっと」でスーパービュー踊り子号を予約。
海側はいっぱいでしたが、山側の座席が取れました。
翌日起きると、凄くいい天気。ベランダから大島や新島が
見えます。このまま帰るのはもったいない。そこでまた
また考えました。電車からの眺めがいいのは、この先の
稲取あたり。なので、普通電車で河津まで行って、そこか
らスーパービュー踊り子号で帰ることに。またネットで変
更すると、一本遅い電車は海側の席がガラガラでした。
河津でとんぼ返りですが、余裕をみて早めの電車に乗るこ
とに。この判断があとで助かりました。
姉夫婦と送りのマイクロバスで伊豆高原駅へ。えきねっと
のチケットは、駅の自動券売機で受け取ります。ところが、
券売機まで行ってハッと気づきました。この駅JRじゃない!
えきねっとで予約したチケットは、JR東日本の駅でしか受
け取れないのです。
そんなことは重々承知してたのに、スーパービューがJR
なのですっかり忘れてました。予定が狂って頭が真っ白。
とにかく一度キャンセルするしかありません。
えきねっとに電話をするとお話中。ネットでキャンセル出
来ますが、1回予約を変更してるので、キャンセル手数料
は300円 + なんと運賃の30%!これは痛いです。
さらに悪夢が!!電車の時間が迫ったのでホームに行きま
したが、気が付くと手に持っていたビデオカメラがない。
もう最悪です。反対側のホームに姉夫婦がいて手を振って
ましたが、笑顔で返す余裕もありません。
今度のスーパービューに乗り遅れると、次は3時間後。
探しに戻るという考えも浮かばず、間もなく来た下り電車
に乗りました。
電車の中でかばんの中身をすべて出して確認しましたが
やはりない。ホテルか駅に忘れたのでしょう。
HDD録画のカメラで一度もダビングしてないので、亡くし
たらすべての記録がパーになります。しかも一度壊れて
3年間の思い出が消えたばかり。通算で5年分の記録が
消失してしまいます。
チケットのこととビデオカメラのことで頭がいっぱい。
景色を楽しむどころではなくなりました。
河津駅に着き、再び電話するとつながりました。そこで事
情を話すと、今回初めてということでキャンセル料は無し
ということにしてくれました。ただしこれが最後というこ
とで。あわててネットでキャンセルしなくてよかったです。
窓口でチケットを買いなおし、伊豆高原駅に忘れ物が無か
ったか聞いてもらいました。するとなんと有りました!
家内も以前大切な指輪を忘れ、届けてもらったことがある
そうです。外国人が驚くようにほんとに日本は素晴らしい。
すべてが奇跡のように解決しました。
あっという間に時間がたち、電車の到着が迫ってきました。
着払いで送ってもらうつもりでしたが、駅員さんはまだ電
話で話中。電話が終わるとなにやら伝票みたいのに書き出
しました。ホントに時間に余裕があってよかったです。
で、もらったのがこれ。
遺失物049.JPG
結局、伊豆高原駅のホームで渡してもらえることになり、
ホームで待ってる駅員さんにこの切符と交換にもらうの
だそうです。
晴れやかな気持ちでスーパービュー踊り子号に乗れました
が、空は曇ってきました。そして景色のいい所に来たら、
なんと大粒の雨。そして、そこを過ぎたらまた晴れてきま
した。なんで!! 奇跡は天気と引き換えでした。
雨044.JPG
数十分後にこの天気
天気056.JPG
伊豆高原駅で無事にビデオカメラは戻ってきましたが、
一番景色のいい所が撮れませんでした。
ちなみに、スーパービュー踊り子号は全席指定ですが、偶
数席には窓に大きな柱があって景色のジャマ。我々は途中
で席を替えてもらいましたが、もし今度乗る時は奇数の
A B 席と指定します。
mado.JPG
前から見るとガチャピンのよう。
踊り子.JPG
降りて車体を見たらこんなヒビが。自分はスーパービュー
じゃないんだな。うちの子供らが小さいころから働いて
ますからね。
ヒビ.JPG