夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ブログ再開  実家にて

ブログ

blog

ブログ再開  実家にて

先週末実家でパソコンを開くと、画面が見慣れぬ他人の
パソコンのようになってました。ネットで対処策を調べて
試しても直らず、ITが得意な息子に聞いてもわからず、
さらに本社に帰って近くのパソコン修理のお店に聞くと
そんな症状聞いたことがないと言われ絶望。
いろいろ考えた末、うちのホームページを担当した所に頼
むと来てくれ、2時間格闘の上に直してくれました。
原因はわかったそうですが、私が聞いてもわかりません。
でも、これをサクサク直してしまう人がいるのだからプロ
はすごい。
というわけで、無事再開できました。2月中旬にさかの
ぼった話です。
最近実家の庭の手入れは、だいぶ要領を得てきたのでそん
なにあくせくすることもなくなりました。私は早朝高血圧
症でこの寒さ。朝起きてすぐ寒い外に出ないようにと言わ
れており、それを理由に朝はのんびりしています。
暮れから年始にかけて、落ち葉の掃除が大変だったことは
書きました。落ち葉を減らすには木を切るのが一番。とい
う訳で、大きな葉が落ちる栃の木を切ることに。根本から
だと太すぎるので、枝分かれした太い幹をチェーンソーで
切ってみました。が、なかなか切れず、場所を変えて切り
始めたら・・木の重みで噛んじゃいました。
前衛芸術のオブジェのようです
トチノキ010.JPG
ノコギリでなんとか切り離し、間抜けなチェーンソーを
救出。倒れかかってる方に刃を入れるのはNGですね。
生木は見た目よりずっと重いので、倒れた木を処分するの
も一苦労です。
倒木017.JPG
裏にあるボサボサの椿をやっつけることに。いま剪定する
時期じゃないかもしれませんが、暖かくなると毛虫が湧い
て手が付けられません。毛が飛んでそれに触れるだけでも
かぶれるそうで、対策の一つは枝を減らすことだそう。
もう蕾が沢山あってかわいそうですが心を鬼にして・・・
椿前004.JPG
これなら毛虫も・・・ちょっとやり過ぎました。
椿後005.JPG
隣の岩本さんが、竹の塀を新しくしてくれました。竹は裏
にいくらでも生えてますが、太さを揃えて切るのは至難の
ワザ。さすがです。
竹.JPG
武米unnamed.jpg
門unnamed.jpg
そして、いつか自分でやろうとストックしていた竹は無駄
になりました。
笹尾006.JPG
植木屋さんが使うような三叉。軽くて使い勝手がいいです
が、たぶんもう売ってないでしょう(むかしは自分で作った
ようです)。傷んだ竹を岩本さんが換えてくれたみたい。
三叉007.JPGのサムネイル画像
1月に植え替えて家内に怒られたクチナシを見てみると、葉
が丸まって表面が黒くなってました。これはヤバイ!
しかし表面をこすると下から緑色の表面が出てきました。
なんと生きてるようです。
葉002.JPG
この土はなんでしょう?いまの都会の人はわからないかも
しれませんが、モグラが穴を掘った土です。
モグラunnamed.jpg
うらに沢山の「龍のひげ」があります。少しなら見た目が
いいけれど、沢山あると落ち葉の掃除のじゃま。前に除草
剤を撒いたら、土止めにならないと注意されました。
竜unnamed.jpg
そこで草刈り機で開墾。私が子供のころ、おもちゃの鉄砲
で遊んでいたら父が「屯田兵みたいだ」と言ってました。
いままさしくそんな心境です。
カリ.jpg
帰りに東北道で、いまどき珍しい大木を運ぶトラックを見
ました。そういえば、先日親戚に木材伐採の人を紹介して
もらい、実家の周りの密集した杉林を間引いてもらうこと
になりました。
大木024.JPG
むかしは、大きくなったら売るためにみんな杉を植え、山
持ちの人はそれで相続税を払ったそうです。でも、いまは
杉が売れずにほったらかしになり、それが花粉症の元凶だ
とか。
ここら辺で伐採を頼むと、一本切るのにも結構なお金を
取られます。家の周りを全部頼んだら一体どのくらい
かかるかわからず手が付けられませんでした。
今回はお金をかけずにできそうで気が楽になりました。