夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » バレンタン・チョコ

ブログ

blog

バレンタン・チョコ

バレンタインデーに、極々少数ですがそれぞれ特徴のある
チョコレートをもらいました。
近所に住む家内のお友達からはエクレアのチョコレートを。
毎年趣向の凝ったチョコレートをいただくのですが、今年
はこれ。チョコレートというよりはケーキのようで、かな
り高級のようでした。
エクレア039.JPG
カファ2113 (2).JPG
息子のガールフレンドからは、スペインみやげのチョコを
もらいました。同じチョコレートでも、国によって味の
傾向が違うのが面白いです。
スペイン119.JPG
最後は家内にもらったカファレルのチョコ。東京駅にお店
が出来て、毎回おみやげに買ってきてと言われてましたが、
いつもお店を発見できませんでした。
あるときショップチャンネルの通販に出て、家内は迷いに
迷って買いました。そして14日に開封することに。
つまり、自分のために買ったのです。しかも私のカードで。
アメリカのチョコかと思ったらイタリア製。さすがオシャレ
で、入れ物の缶も一つ一つの包装もかわいいです。女性は
還暦過ぎてもこういうのが好きなんですね。
カファ.JPG
カファ2113 (1).JPG
包装を剥くと彫刻のないただのチョコ。意外です(中は空洞)。
カファ3.JPG
私が子供の頃、不二家に同じように銀紙に包まれた自動車の
チョコがあり、銀紙を剥いても車の彫刻になってましたが・・・
そのころ他に好きだったのは、パラソル型のチョコでした。
当時、母が不二家のモニターになっていて、毎月いろんな
チョコレートが送られてきました。でもクリームが入った
のが多く、子どもたちは苦手。いつも母が文句を言いなが
ら残ったチョコを食べてました。
でも、最強のチョコレートはこれでしょう。
カイコ124.JPG
去年9月に群馬でおみやげに買って、人を驚かせはしまし
たが、食べる勇気がなくてついに賞味期限となりました。
「もったいない」と家内が食べてましたが、昔も今も同じ
ようです。