夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 家内のガックリ薬剤師デビュー

ブログ

blog

家内のガックリ薬剤師デビュー

2月の某日、お台場で行われたイベントで薬の展示があり
ました。
以前紹介した、主婦・OLを対象にしたサンプリングで、
今回初めて薬のメーカーが参加し、試供品を配りました。
通常、医薬品は許可を受けた薬局などの店内でしか販売、
サンプリングができません。今回は特別にホテルの会場
で許可を受け、医薬品のサンプリングが実現したのです。
しかしそれには条件があり、参加メーカーは薬剤師が立
ち会うこと。 うちも参加することになったのですが、社
内の薬剤師が都合が付かず、家内に白羽の矢が立ちまし
た。 家内は薬大の同級生で薬剤師なのです。
結婚前は薬局で働いてたこともありました。最近はうちの
卸売業の管理薬剤師者として免許を生かしてきましたが、
人前で接客するのは40年ぶり。商品のことを聞かれたら
どうしょうと、しばらく前から勉強してました。
会場になったホテル
ホテル1327.JPG
会場は午前が主婦の部、午後がOLの部で、会場で3時
間以上みっちり商品の説明があり、その休憩時間にブース
を見て回るというハードスケジュールです。午前・午後と
も定員500人。サンプルというより商品そのものがもら
えるのでとても人気があり、抽選で選ばれた幸運な人た
ちなのです。
私が会社から会場へ行くと、家内はすでに到着し、緊張
した面持ちでまってました。ブース担当は長男なので、
親子3人の競演となりました。
薬コーナーは6社でちょっとさびしい。
ホテル展示 - コピー.JPG
ゆるキャラの競演。右は仁丹のキャラクター。かわいくな
くても女性は寄ってきて一緒に写真を撮ってました。右は
見たことあるーと思ってたら、ポンタカードのポンタ君。
ポンタ1337.JPG
説明会が終わって休憩時間になると、500人の人が一斉
に出てきました。30分しかないので、その間にトイレと
ブースを見なければなりません。みんなとりあえず隣の食
品・化粧品ブースを目指すので、ほとんどの人は素通り。
何人かのお客さんは興味を示して寄ってこられました。
客1316.JPGのサムネイル画像
今回はちょうど受験のシーズンなので、うちは受験生の
神経のたかぶり・イライラ・食欲不振(=かんむしと同症
状)をメインテーマにしました。すると、それが功をそう
したのか、帰ってきたお客さんが次々に訪れ、質問攻め。
やっぱり受験の悩みは多いようです。
私は見学のつもりで行ったのですが、手が足りずに見か
ねて応対。次々と質問を受けて汗だくです。肝心の家内
はと見ると、説明どころかブースの奥で「いらっしゃいませ~
と蚊の鳴くような声を出すばかり。まったくの役立たず。
さも活躍したような写真ですが、実際は白衣は目立つか
らイヤだと言って本番は着ませんでした。何しに来たー。
1319 - コピ白衣ー.JPG
嵐のような30分が過ぎると、次は午後のOLの部まで4
時間待ち。私は会社に戻ると言うと、家内もついてきま
した。
お昼は会社のそばの立ち食いステーキへ行くことに。
以前から行列ができてて気になってましたが、ランチが
300gからというので躊躇してました。
私は300gのロース、家内は200gのヒレを注文。
そういえば、お昼に会社を出るとき時間がなくて、コン
ビニのおにぎり2個を口に押し込めて来たのを忘れてま
した。それでもなんとか食べきって会社に戻りましたが
大食いのギャル曽根はどんなおなかをしてるのでしょう。
300gで1200円。女性も沢山いました。
いきなり1321.JPG
夕方になり、家内を連れてまた会場へ。
すでにOLさんが開場を待って長い列を作ってました。
行列.JPG
今度は午前中とは違ってうちのブースはヒマ。何人かの
方に大人は飲めないのかと聞かれましたが、メーカーが
許可以外のことは言えません。
商品説明の時間に、私も会場に潜入。友人の龍角散社長
が嚥下ゼリーの説明をしました。彼はあちこちで公演
してるので慣れたもんです。
ハレーションが・・・
藤井.JPG
次の休みまで2時間。どこにも行く所がないので、夜景の
見えるラウンジでケーキセットを。手当なんてないので、
かなりの散財となりました。
夜景1344.JPG