夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 今度は飛行機

ブログ

blog

今度は飛行機

友人の車のプラモデルを作ってあげたあと、今度は取引
先の社長から紫電改という戦闘機を作って欲しいと頼ま
れました。去年ゼロ戦を作ってあげたのが気に入ったよ
うです。
飛行機のプラモは乱暴に言えば胴体を貼り合わせ、翼と
プロペラを付ければほぼ完成なので、あまり見せ場があ
りません。出来の優劣は塗装にかかるのであまり好き
ではないですが、取引先の社長の頼みとあっては断れま
せん。
「戦争に使った兵器のプラモデルなんて」と眉をひそめ
る方もいらっしゃると思いますが、宮崎駿監督の映画
「風立ちぬ」のように、その時代の技術の粋を集めて作
られたた工業製品として考えると、また違った観方も・・・
部品の数はこんなもの。
きっと.JPG
アジア勢が優勢なプラモ業界でも、飛行機だけは日本製
が元気です。それは優秀な金型でしか作れない細かな
デテールが際立っているからでしょう。
まずは操縦席から。今回も手を抜くわけにいかないので、
きちっとメーターまで細かな塗装をします。
コクピット.JPG
作っていて感じたのは、戦争初期のゼロ戦と後期の紫電
改では設計思想が変わったということ。ゼロ戦は遠くま
で飛べるように極限まで軽量化したため機体も細く、操
縦席周りも華奢になってます。一方、本土を守るために
作られた紫電改は航続距離など関係ないので、全体的に
丈夫そうに出来ています。
こっちがゼロ戦の操縦席
しでん049 (2) - コピー.JPG
こっちが紫電改の操縦席。包み込まれる安心感があった
でしょうね 
しでん049 (1) - コピー.JPG
ごちゃごちゃした操縦席を塗り終えれば、機体の製作に
そんなに時間はかかりません。気を使うのは、胴体の合
わせ目をきれいに消しておくことぐらいです。
グレー014.JPG
前回カーモデルを塗装するとき、エアーブラシの調子が
悪く苦労しました。考えたらもう20年以上も使ってます。
プラモ作りの3種の神器なので、これを機会に新しいのを
買いました。
日本機は、上面が緑で裏面がシルバーがグレーというの
がスタンダード(例外あり)。これは上から見下ろしたと
きは森に、下から見上げると空に溶け込むからです。
いままでは面積の多い緑を塗ってから下面のシルバーを
塗ってましたが、粒子が細かく飛散しやすいので、最初
に全体をシルバーで塗装してみました。
不用意に触ると指紋が残るので、完全に乾くまで2日ほ
どおきます。
銀001.JPG
乾燥したらシルバーを残す面をマスキングし、緑を塗り
ます。緑と言っても青みがかってるそうなので、ブルー
を足して調整。実際に見たことないからわかりませんが。
緑013.JPG
翼の前に黄色の警戒ゾーン。ここもマスキングして塗装。
マス2033 (2).JPG
テープを剥がすときはドキドキ。きれいに塗れてよかった。
マス2033 (1).JPG
塗装が終わったらデカール(濡らして貼るシール)を貼り
ます。極薄なので破れないように慎重に。貼るだけだと
表面になじまないので、デカールを柔らかくする液体を
使って機体と密着させます。ここで痛恨のミス。
不注意で背中のアンテナを破損し紛失してしまいました。
アンテナ2003 (2).JPG
仕方なくプラスチックの板から削り出し、接着して塗装
して知らんぷり。
アンテナ2003 (1) - コピー.JPG
最後に一番厄介なキャノピー(風防)の塗装。当時は一体
成型の技術がなかったので、細い桟が沢山あるのです。
これが昔の飛行機を作りたくない理由の一つ。
最初筆塗で挑戦し、やっぱり失敗。メーカーから新しい
のを取り寄せました。すると、届いた透明部品に大きな
傷を発見。すぐにメーカーに電話しました。
「先日部品を注文した者ですが・・・」「はい・・・」
「届いた部品に傷があったんですが・・・」「はい・・」
はい・・・って、ここは「すいません」でしょう。
思わず「はいじゃなくて、傷が付いていたんですけど」
と言うと、びっくりしてすぐに新しいのを送ってくれる
とのこと。クレーム対応は最初が肝心です。
塗装の仕方をネットで探していると、機種別のマスキング
シールというのを売ってるのを発見。やっぱりみんなこの
塗装は苦手のようです。さっそく注文しました。
届いたシールを新しいキャノピーに貼ってスプレー塗装。
今度は簡単に塗れました。改めてネットってすごい。
こんな便利なものが・・・
シール027.JPG
おかげできれいに塗れました。
キャノピー036.JPG
最後に、デカールが剥がれないように、半艶消しのスプレー
でコーティング。ここでミスすると台無しです。
あっ、プロペラ塗るの忘れてた。ここで手抜きをしたら
価値が半減します。指定の色で丁寧に塗装。
プロペラ034.JPG
やっと完成です。
unnamed シデンカイ(16).jpg
これはゼロ戦
比較②P5271368.JPG
こっちが紫電改。比べるとこっちは健康優良児?
unnamed 比較1(15) - コピー.jpg
完成したモデルは厳重に梱包し、先方の会社の方に渡し
ました。その日の夕方に本社のある富山に新幹線で持っ
ていくのだそうです。
翌日の朝、社長からお礼の電話がありました。宅急便
より早い。
数日後、その社長からクッキーと紅茶・コーヒーの
セットが届きました。たかがクッキー?いえいえ、何
を隠そう、このクッキーだけで6千円はする、知る人
ぞ知る村上開新堂のクッキーです。
クッキー001.JPG
車と紫電改で3か月を費やし、これからやっと自分の
好きなことが出来ます。