夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 地元回りと猛ダッシュ

ブログ

blog

地元回りと猛ダッシュ

昨年の8月にうちの薬師堂のお祭り(一万燈)をやり、知事
や町長から祝辞をいただいたり、町や各団体、施設など、
沢山の方々のご協力をいただきました。ただ、台風の影響
や雷、近くの花火大会とバッティングするなど悪条件が重
なり、前年より来場者が少なかったのが残念でした。
このお祭りは、町の皆さんに喜んでもらおうと、いわば地
元貢献のために再開したのですが、「我々の自己満足で
ほんとに楽しんでいただけてるのか?」という疑問が出て
きました。年々来場数が減ってきて、自然消滅するのだけ
は避けたいです。
迷っている中、町の観光協会の理事会に出ると、今年の予
定案にうちのお祭りが入ってる。これはまずい!
早く結論を出さないと。
息子は続行派、私は慎重派で、この2カ月激論を交わして
来ましたが、ついには親子喧嘩のようになり、部長の仲裁
で停戦。結局、今年はすでに準備不足であることは否めず、
来年創業420周年記念として大々的にやることにし、今
年は準備期間とすることで決着しました。
そう決まったら、観光協会の総会の前に地元の関係各所に
挨拶に行かなくてはなりません。
1日半で観光協会会長、役場、商工会、学校など10カ所
を回り、けっこうハードスケジュール。でも、皆さんから
一様に言われたのは「来年やるときは是非協力させて下さ
い」というありがたいお言葉でした。
児童館を取りまとめている施設の理事長からは、ここで毎
年催す子供祭りの出しものや露店のヒントをもらいました。
やっぱり食べ物は大事です。毎年焼きそばとソーセージ
だけでは・・・
そこで、ピザ釜を持つ某社長や、手打ちそば同好会メンバー
の某先生には来年の協力をお願いしときました。
最後は観光協会の総会。「げんきあっぷ村」での開催です
が、この日は電車で日帰りなので宝積寺駅からタクシーで。
すべての議題が終わったあと時間をいただき、昨年のお礼
と今年休催することを報告し来年の協力をお願いしました。
6時からの懇親会には町長も参加。家に着くのは何時かなぁ・・
元気028.JPG
ここまでは退屈な話。ここから私のブログの本領発揮です。
宴も終盤でしたが8時過ぎに失礼し、タクシーを呼んで帰
ることに。ネットで調べると自宅に着くのが11時過ぎ。
宇都宮で新幹線の乗換えに30分もかかります。
いや!もしかしたら1本早いのに乗れるかも。運転手さん
に急いでもらいました(もちろん法定速度内で)。
宝積寺駅でダッシュ・・といっても、50メートルも走ると
息切れ。こういう時はSuicaで助かります。ホームに駆け
降りると同時に電車が到着。ギリギリセーフでした。
問題は宇都宮の乗り換え。ネットの「乗り換え案内」は余
裕を見てるので、もしやと思って時刻表を見ると1本前に
あった!でも乗り換え時間は4分。はたして間に合うか。
宇都宮駅で再びダッシュ。自動販売機で買おうとしたら、
直前のチケットは買えない! 後で考えたら自由席でよ
かったのに完全にテンパってました。あわてて改札窓口
に行こうとすると、後ろの人が「カード・カード!」と、
取り忘れたカードを渡してくれました。
まった恥ずかしい慌てぶりです。
窓口ではおばさんが、乗り換えのホームを聞いてます。
もう、急いでいるのに、そんなの上のボードに書いてあ
りますよー・・って言いたくなるほどじれったい!!
やっと私の番になり「どうしても次の電車に乗りたいん
です!」と言うと、後払い精算の紙をくれました。
エスカレーターを駆け上がりまたしてもギリギリセーフ。
大宮駅まで20分。車内でゆっくりする暇もなく、今度は
大宮乗換の湘南新宿ラインの時刻を調べます。乗り換え
時間は6分。ギエ~。ホームは新幹線と真反対で200m
ぐらい離れてるのです。車内で車掌さんに精算してもらい、
あとはまた走るだけ。
大宮駅の改札口で乗り越しのハンコをもらい、宇都宮駅
の100倍ぐらい多い人波を縫って走り抜け、やっと湘
南新宿ラインのホームに到着・・と思ったら、間違って
隣のホーム。最後の力をふり絞って階段を登り、なんと
か目的の電車に乗ることが出来ました。
でも走り過ぎて気持ち悪~い。
最後に池袋駅の改札口で精算しようとすると、Suicaの出
場記録がないと言われました。そういえば宇都宮駅で私
の慌てぶりに駅員さんがSuicaの精算を・・・
すると「入場記録を取り消しときますね」と。ラッキー。
宝積寺~宇都宮間237円が○○に。
結局、予定よりなんと45分も短縮。時刻表チャンピオン
に出れるかも(そんなのないけど)。
迎えに来た家内に話をすると、ひとこと「バカじゃないの」。
無理は老体によくないです。