夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 風評被害

ブログ

blog

風評被害

最近箱根の大涌谷が噴火するとかしないとかニュースに
なってます。
よりによってこんなとき、箱根で会合がありました。
今年の4月から決まっていることなので、いまさら変更は
出来ません。まさに火口の栗を拾いに行く感じ?
でも、じつはそんなに心配していません。
箱根といってもすごく広くて、会場の湯本と大涌谷は8キロ
も離れているのです。でも出発前日のニュースで、噴火警
戒レベルが3に上がったと聞いて、正直いい気持ちはしま
せんでした。でも、レベル3って危険なの?
新宿から小田急ロマンスカーに乗ると、平日とはいえ乗っ
ているのは数人だけ。
土産店004 (2).JPG
湯元駅前のお土産店のアーケードも、人の数はまばらです。
土産店004 (1).JPG
困ってる町に貢献しようと、仕方なくソフトクリームを買い
ました。じつは毎年買うコーヒー豆店のコーヒーソフト。
美味しいんです。
川009 (2).JPGのサムネイル画像
旅館に着いて中居さんに聞くと、地元の人はまったく気に
してないとのこと。だからマスコミが騒ぐのはやめて欲し
いと言ってました。たしかにあんなに毎日報道されれば、
わざわざ行くのは躊躇します。危険があるなら別ですが。
日本人の客は減ってるが、中国からの旅行客が来てくれる
ので助かってるとも。ここでも中国さまさまのようです。
窓から見える川の色が凄い。右からが大涌谷から流れてく
る早川です。
川009 (1).JPG
翌日の朝、箱根湯本の駅は外国人ばかり。
出発案内が国際空港なみです。
案内012.JPG
帰りの電車は乗客ゼロ。静かでいいと思ったら、アジア人
の団体客が乗ってきました。みんな大声でしゃべるので、
車両の端に乗っていても響きます。静かな社内が一変。
外国の旅行客はいろんなところで救世主になってますが、
いろいろ問題はあるようです。
私も箱根は大好き。早く収束することを願います。