夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 熱闘 高根沢

ブログ

blog

熱闘 高根沢

最近の暑さは異常といえるほど。何もせず外に立ってるだ
けで汗だくです。そんなときでも雑草はどんどん伸びるの
でなんとかしなくては。
栃木県は都心より北なので、東京より涼しいと思っている
人もいますがとんでもない。宇都宮なんて東京より暑いと
きがあるくらいです。以前、避暑のつもりで来た友人が、
「なんだ、暑いじゃないか。」とガッカリしたことも。
もっと高原にあれば避暑になるのですが・・・
今年は一万燈祭りはないですが、それでもある程度はきれ
いにしておかないと。とくに薬師堂はうちのシンボルです
から。でも、この暑さで作業時間が限定されるので、なか
なか仕事は進みません
先月実家に行ったとき、30年近く使ってた芝刈り機の
エンジンがかからなくなりました。これがないと仕事の能
率がガタ落ちです。農機具屋さんに修理してもらったら、
足りない部品を追加し、錆びて開いた穴を塞いでくれて、
塗装までしてきれいになりました。
芝刈り036.JPGのサムネイル画像
休日にしては早起きし、五苓散を飲んで梅干し・水を持っ
て8時に出発。すると門の前で近所の人に会いました。
もう一仕事して帰るところとのこと。えーっ!早い。
たしかに気温はどんどん上昇し、9時ごろになるともう日
差しが強くて痛いくらい。なんとか10時までがんばって、
家に帰ったらぐったりです。
会合の土産の梅干しを愛用
梅干し037.JPGのサムネイル画像
夕方、ミョウガを摂るのを手伝わされました。私はそんな
に食べませんが、家内は近所に配るのが楽しみ。
ミョウガはこんなに自生するのに、なんで同じ根っこの
ショウガはダメだったんだろう(昨年植えて失敗)。
ショウガショウガ060.JPGのサムネイル画像
翌日、熱中警報が出てるのに、5時前に起きて朝ごはんも
食べずに出撃。いくら田舎の人が早起きでも、さすがに
農作業の音は聞こえません。エンジンをかけたら迷惑だろ
うと、芝刈りを始めたのは6時から。垣根の手入れなど
一通りやって、時間を見たらまだ7時半でした。こう暑く
なるとサマータイムは必要かも。
019 - コピー.JPG
水筒の水を二人で飲んだらあっという間になくなりました。
聞いた話ですが、暑い日は家を出てから会社に着くまでに
体重の1%の水分を摂らないといけないとか。ということ
は私は・・・相当の水分が必要ということになります。
がんばった成果はありました
before
かきね017.JPG
after
かきね027 - コピー.JPG
薬師堂の後ろにある木が伸びたので、上半分を切ることに。
はしごをかけ、切ってから降りようとしたとき足を踏み外
して落下。下が石畳だったため、背中と肘を打って痛いの
なんの。でも、落ちた高さが低く、頭を打たなかったのが
不幸中の幸です。家内が「やっぱりお薬師様が守ってくれ
たんだ」と。まったく年取ると危険がいっぱいです。
墜落現場
現場028.JPG
9時近くになるともう灼熱。よくお年寄りが農作業中に熱
中症で倒れますが、齢をとると暑さを感じなくなってくる
のだとか。暑さを感じる我々はまだまだ大丈夫のようです
が、早々に撤収することに。
仕事の後の一杯はオランジーナ。東京で頂いたあまーい
オレンジジュースを割って飲んだら最高です。
オラン062.JPG
家に帰ってシャワーを浴び朝食を食べるともうぐったり。
やっぱり暑さは体力を消耗します。
都心で35度以上の猛暑が続くのは新記録だそうですが、
5年後のいまごろ、東京でオリンピックをやるのです。
選手も観客も大丈夫なのでしょうか?選手に五苓散を飲
んで欲しいですが、これはドーピングになるのかなー。