夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 栃木名産 アユとフグ?

ブログ

blog

栃木名産 アユとフグ?

栃木で採れる食用の魚は? ドジョウ・マス・アユに・・・
フグ !?「海がないのに?」と思われるでしょうが、馬頭
という温泉の水質が海水に似ていて、フグの養殖に成功
したのです。そのカルパッチョは食べたことありますが、
刺身はどこで食べられるのかがわかりませんでした。
週末実家でアユでも食べようとドライブに行ったら、温
泉フグの看板のある店を発見。アユよりフグだ!迷わず
そこに入りました。
最近は、ブログのネタのために食べようとか、旅行に行
こうとか思い、本末転倒になってきました。ブログも
経費がかかっているのです。
014 - コピー.JPG
そこは鰻屋さんで、値段はうな重と一緒。ふつうの養殖
フグと同じぐらいでしょうか。でも、夏にこの内陸でフグ
が食べれるのは貴重です。専門店ではないので、ちょっと
肉厚でしたが(フグ刺しは薄さが勝負)美味しかったです。
015 - コピー.JPG
でも、やっぱり夏はアユも食べたい。
ということで、別の日にやなに食べに行きました。
やなにもいろいろあって、客が多い所は最初から焼いて
あったりします。たまに熱くなかったり、ひどいときは
冷たいのが混じっていたことも。
いつも行く店は焼き立てを食べさせてくれるのですが、
周りに林も何もないし、もちろんクーラーの効いた部屋
ではありません。とくにこの日は35度の猛暑日で、扇
風機1個では暑いのなんの。
外の景色は涼しげですが・・・
この川は荒川ですが、東京の荒川とは別物です。
ヤナ038.JPG
昨年来たときは、まだ福島原発の風評被害でガラガラで
したが、今年はけっこうお客さんがいてよかった。
下の調理場に行くと、大きな2つの火鉢で炭が真っ赤に
燃え、アユを焼いてました。その暑さは地獄です。
調理している人に聞くと、焼きあがるのに15分ぐらい
かかるとのこと。ご苦労様です。
火鉢039.JPG
猛暑の中、倒れそうに待っていると、やっと焼きあがって
きました。今年はちょっと小ぶりのようですが、やっぱり
焼き立てのアユは美味しかったです。
アユ040.JPG
明日からブログもお盆休みですのであしからず。