夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 富士総合火力演習 後編

ブログ

blog

富士総合火力演習 後編

前半は部隊ごとに各車両の紹介があったあと、実弾の射撃
がありました。数キロ先の目標に命中するたびに拍手が起
きます。実物の砲撃音と振動は、いくら映画の音響が進ん
だとしても体験できないでしょう。
撃ってすぐ移動できる自走砲
自走022.JPG
戦車の縦隊。迫力あります。
行列045.JPG
44tもある戦車が、ダンスをしているような俊敏な動きを
するのも驚きです。戦車以外にも、装輪式の装甲車やいろ
いろな種類の車両がデモストレーションをしました。
余談ながら、むかし自衛隊は軍隊ではないと言っていた時
代、戦車は特車、火砲は特科とよんでいたのです。
歩兵を運ぶ装甲戦闘車
装甲戦闘車030.JPG
こんなに近くで見れるのです。
会場074.JPG
スピード重視の偵察車。赤い旗は発射の合図。いくらマニアル
世代でも、まさか実戦じゃ出さないでしょうね。
065.JPG
飛行物を狙う高射機関砲。
高射②079.JPG
機関砲の銃弾がまっすぐ飛んでいく軌跡や、対戦車ミサイル
の迫力ある飛行も凄かったです。
ひととおり地上兵器が終わると、次はヘリコプター部隊。
映画で見たことのある機体が飛来し、機銃を撃ったり人や
車両を下したりとデモストレーションをやりました。
説明ではあの問題のオスプレイも近々配備が決まったそう。
空中からロープで降下
降下060.JPG
ジープや物資を運びます
チny-ク062.JPG
上空から攻撃する戦闘ヘリ。
アパッチ035.JPG
最後に曇り空の中から低空でジェット戦闘機が現れ、ごう
音を残して飛び去っていきました。
速過ぎて撮るのが大変
F2053.JPG
15分の休憩のあと、後半はストーリーに沿って展開。
日本領土のある島が狙われ、各部隊が連携して反撃すると
いうストーリーです。
敵艦船をミサイルで攻撃し、上陸した敵を戦車やヘリで要
撃、最後は歩兵が制圧するというオールスター戦。さっき
の戦闘機も登場し、爆弾を落としていきました。
戦車3兄弟
1974年生まれの長男。
老体に鞭打ち、二男と一緒に三男の不始末をカバーしてま
した。1961年生まれがいましたが、いまは引退しています。
74式044.JPG
1990年生まれの次男。
90式047.JPG
2010年生まれの三男。前日の不始末で、今回は
空砲で参加。
10式067.JPG
最後は全車両が登場し、空にはヘリ部隊が編隊を組んで
通過し終わりとなりました(舞台のフィナーレのよう)。
地獄の黙示録?
地獄072.JPG
役者が勢ぞろい
フィナーレ077.JPG
というわけで雨にも降られず、無事演習は終わりました。
このあと車両の展示があるそうですが、ここまで付き合っ
てくれた家内に敬意を表し、泣く泣く帰途に着きました。
スタンドを降りて帰ろうとすると、後ろから歓声が。
振り替えるとあのオスプレイが飛んで来たところでした。
でも、人波に揉まれてよく見えない。
アナウンスも何もなかったけど、遅刻??それとも、まだ
制式採用されてないので、セールスマンがパフォーマンス
に来たのかな。
シャトルバスに乗る人の長蛇の列。ありがたいチケット
でした。
町で085 (2).JPG
駐車場から国道に出るまでは大変でしたが、あとは順調。
国道や東名にも自衛隊車両がいろいろ走っていて、場外
乱闘のようです。
町で085 (1).JPG
興奮が冷めやらずお昼を食べ損ねたので、代わりに
ケーキを2個づつ買って食べました。あっ、興奮して
いた私は3個。
ケーキ090.JPG
日本の軍備はずば抜けて優秀なようですが、これからも
ずっと使われないことを祈ります。