夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 私作 新ことわざ辞典 下巻

ブログ

blog

私作 新ことわざ辞典 下巻

お待たせしました。
前回の続きの創作ことわざです。
胃の中のピロリ菌
小さなものをあなどってはいけないという戒め。
薬(ヤク)やれば苦あり
麻薬・覚せい剤・危険ドラッグは絶対ダメ!
ちょっとの快楽が間違いなく苦しみになります。(薬をヤクと
読ませるのには薬剤師として抵抗がありますが・・・)
ゲイは身を助く
最近は女装家と呼ばれることもあるようで、市民権を得て
何人もテレビで(NHKにも!)活躍しています。
ケイはミーを助く
ピンクレディを例にとってコンビの友情を現したもの。
(約40年前、彼女たちの絶頂期に作った作です)
孫には衣装
いまは一人っ子が多いので、父方・母方の祖父母が孫の取り
合い。どっちがランドセルを買うかでもめる時代です。
孫にも遺書
憎たらしい子供より、かわいい孫に財産を譲りたくなるかも。
「年寄りを大事にしないと財産あげないよ」と子供たちへの
警告です。
隣の島は赤い
隣の島がいつの間にか赤くなっていること。わかります?
土地は金なり
バブル時代の地上げ屋さんの金言です。
猫に交番
いまは空前のネコブーム。犬のお巡りさんは「ワンワンワワン♪」
とうるさいので、交番は静かな猫のお巡りさんが向いているかも。
ネコ駅長もいたことだし・・・
能あるタコは頭を隠す
タコの頭と思っているところは内臓なんです。
泣きっ面にキュウ・メイガン
字余りの無理やり。元の意味とは真逆ですが・・・
肉まん食って余はハバカリに 
生き物は、栄養を吸収し、排泄して成長するという摂理を
一言で表現した深いことわざ。これも40年前の作品ですが、
当時最高傑作と称賛されました。家内に。
元がわからない?「憎まれっ子世にはばかる」です。
ロンよりツモ
これは前回のブログを見た友人からの投稿。麻雀の手のこと
ですが、ちょっとひねりがないので佳作かな(入選の下)。
ロン寄りヤス(私のお手本)
「ロン」「ヤス」と呼び合ってたレーガン大統領と中曽根首相。
ヤスはロンに「日本は不沈空母」と言ってすり寄った?
玉の輿かつぎ(ことわざではありませんが)
裕福な男性と結婚することを「玉の輿に乗る」と言いますが、
じゃあその逆は?「逆玉」なんて言われる前から、うちでは
「玉の輿かつぎ」と言ってました。女性に気に入られるため
なら玉の輿ぐらいかつぐでしょ? 逆玉なんてセンス無さす
ぎです。
ちなみに正式には「女は氏無くして玉の輿に乗る 」だそう。
このほか、ことわざや慣用句の中には「目くそ鼻くそを笑う」
とか、「クソもミソも一緒」などお下品なものもあります。
何かほかの言い方がないか検討中です。