夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 栃木路特急ドライブ

ブログ

blog

栃木路特急ドライブ

9月のシルバーウィークは、十年に一度といわれる5連休。
その間、相変わらず栃木の実家に行っていつもの生活でした
が、天気もいいしちょっとドライブに行きたい!
ということで、乗り気じゃない家内をなだめすかし、半日の
ドライブに行くことにしました。観光無しのマジドライブです。
実家からは日光や塩原が近いので、半日で両方に行ける
一挙両得プランを考えました。むかしはルートを決めるとき、
道路地図を見ながら距離を調べましたが、いまやヤフーナビ
に目的地を言うだけで距離や時間がわかります。先日の大
雨で国道が寸断されてる状況までわかりました。
日光に行くなら中禅寺湖は外せませんが、そこからどうやっ
て塩原方面へ抜けるか。じつはナビも推奨してない、あまり
知られていない奥鬼怒方面に抜ける道があるのです。
出発は朝の6時半。さすがにまだ車の量は少なく、順調に
いろは坂を登り中禅寺湖を通って戦場ヶ原へ。もちろんどこ
にも寄らずにノンストップです。
洗浄018.JPG
戦場ヶ原を過ぎ光徳牧場の方に右折しますが、ここのソフト
クリームは濃厚で美味しいとネットで評判。でも残念ながら
クローズでした。まだ朝の8時ですから。
その先の狭い道が奥鬼怒の川俣温泉に続いているのです。
くねくねした狭い道はすれ違いがキビシイので、通るなら早
朝がお勧めです。景色はよく見えないけど、紅葉になったら
素晴らしいでしょう。
道②022 (2).JPG
ちょっとドキッとする狭いトンネル。
道②022 (1).JPG
少しだけ紅葉してました。
紅葉024.JPG
20キロほどで川俣温泉に着きました。橋の上に人だかりが
していて、みんな川岸の間欠泉が出るのを待ってるみたい
です。1時間に1回だそうなので、先を急ぎました。
写真右下が間欠泉
間欠泉028.JPG
景色を楽しみながら川俣湖へ。ここにかかる吊り橋が狭くて、
交互通行でないと通れません。
吊り橋031.JPG
川治ダムに出ると川治温泉に行く道は通行止め。ここら辺の
国道は、先日の鬼怒川氾濫からまだ復旧していないようです。
ここを左折し、会津西街道を北上。途中、道路に土砂が堆積
してたり土砂崩れがあったりと、傷跡があちこちに残ってま
した。
上流058 (2).JPG
このきれいな渓流が氾濫の源?
上流058 (1).JPG
しばらく走って塩原温泉口を右折し、塩原温泉に着きました。
ここまで写真をとる以外はノンストップ。12時を過ぎていたの
でお昼を食べることに。いろいろ調べて、川沿いのイタリアン
にしました・・が、なぜかメニューはトンカツとかハンバーグ。
でも美味しかったです。
町はずれに鍾乳洞の看板が。こんな所にあったかなぁ。
ちょっと寄ってみると、そこは源義経と一緒に逃げた源 有綱
が隠れていた洞窟だそう。そう言われてもピンときませんが、
洞窟に入る前に15分ぐらい講釈を聞かされ、米のとぎ汁が川
に流れ、追っ手に見つかってしまったというくだりでみんな
「あ~、あの・・・」。歴史の勉強になりました。
洞窟の中にいろいろ再現されてて、お金がかかってました。
DSC_0880.jpg
塩原を後にして東北道に向かうと、こちらにぞくぞく来る
車が。もし逆回りをしてたら、日光を下るいろは坂で渋滞
に巻き込まれてたかも。
実家に戻ったのは1時過ぎで、半日強のドライブでした。