夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ある会長の思い出

ブログ

blog

ある会長の思い出

いねむり王子のことを書いていて、昔、某製
薬会社の豪快な会長と一緒に中国に行った
時のことを思い出しました。


それは25年ほど前、業界の有志15人ほど
で中国に視察に行った時のことでした。
その時の団長は、現在一流企業の当時の
会長でした。
まだ中国に自由に渡航ができない時で、市
内も勝手には観光できず、かなり厳しい規制
がありました。
それでも、生薬(漢方薬の原料)の有力な輸
出先と思われていたせいか、どこに行っても
盛大な歓迎を受けました。
中国側の歓迎セレモニーの時のこと、政府の
高官が中国語で長い話を始めました。
ふと会長を見ると、80歳のご高齢の上に旅
の疲れもあってか、目をつむって居眠りをされ
ているような・・・
当時中国といえば、えたいの知れない国、怖
い国というイメージがあり、その高官を怒らせ
たらどうなるのかと、我々団員はヒヤヒヤして
いました。
しかし、その高官の話が終わると会長はパッ
と目を開き「大変すばらしいお話でした」とよど
みなく話しを始められ、みんなホッとするやら
驚くやら。
また、その会長は大変お酒も強く、アルコール
度数53というマオタイ酒(コップに注ぐと揮発
する液体が壁面を登ってきます!)をクイクイ
飲んでいらっしゃいました。
いまはもう故人ですが、当時の中堅企業を大
企業に育て上げられた会長は、やはりただも
のではない豪快な方でした。