夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 中国不思議物語

ブログ

blog

中国不思議物語

今回も、年を越せない在庫から出展します。
11月に中国の抗州に行ったときの話です。
部屋でテレビを見ようとリモコンのスイッチを入れまし
た。ハイセンスというメーカーのテレビですが、ボタン
を押しても映りません。中国語でわからないし、どの
ボタンを押しても映らない。そのくせ、スイッチを入れ
るたびに男性が低音で「ハイセンス!」と言います。
映らないのにハイセンスだなんて!と一人で腹立てて
いました。
TV205.JPG
テレビといえば、ブログに書いた人気でメチャ混みの
レストランの待合室に個人個人のテレビがありました。
何を見てるのかと思ったら、マージャンゲーム。
さすが中国です。
taburextudo074.JPG
ホテル最上階の円形レストランで朝食を食べることに。
席につくと、なんか床が振動してて違和感があります。
外を見ると・・・回ってる!ホテルニューオータニの最
上階のように席が回ってるのです。それだけなら驚きま
せんが、そのスピードが早くて酔いそうなぐらい。
料理はバイキングで真ん中にあり、和・洋・中といろん
な料理が並んでいます。しばらく迷いながら、沢山とっ
て席に戻ろうとすると、席は行方不明になっていました。
飲茶コーナーとパンコーナーが隣り合わせの不思議な光景。
chuuka084.JPG
pan086.JPG
中国人の同行者が、スタッフに回転が早過ぎないかと
聞くと、以前は一周2時間だったけど、「遅い!」と
クレームがあって1時間半に早めたんだとか。食事し
てる間に一周したいんでしょうか。中国人は合理主義?
部屋に2種類のミネラルウォーターのペットボトルが
ありました。片方は無料で片方は有料。ホテルの水道
はなんとなく心配で、歯を磨くときに無料のペット
ボトルを使いました。
あとで同行した中国人に、同じ水なのにその差は何なの
か尋ねると、「ああ、無料の水はほとんど水道水ね」。
ええーっ!恐るべし、中国人民共和国。
国によって食べ物の好みはいろいろです。杭州ではアヒル
の舌がご馳走みたい。レストランのメニューに写真入り
で載ってるし、空港の土産店でも売ってました。
でも、買う勇気が・・・
dag224.JPG
暮れも押し詰まってきましたので、今年のブログは
このへんで。来年の初ブログは6日頃の予定です。