夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 高齢者の運転 考

ブログ

blog

高齢者の運転 考

最近、お年寄りの運転で起きる事故のニュースをよく聞き
ます。自分もそろそろその領域に入ってきてるので、他人
ごとではありません。

事故でとくに多いのが、アクセルとブレーキの踏み間違い
だとか。高齢者の踏み間違い事故は10年前は全体の20%
だったのに、昨年は40%に増えたそう。いや待てよ、じゃあ、
後の60%は高齢者じゃないの?・・とすると、そもそも走る・
止まるという真逆の作用を、同じ足にさせること自体に問
題があるのでは。
これを防ぐ対策をいろいろ考えてるようですが、もっと簡
単な方法があると思います。それは、オートマの免許を取
るとき、教習所で最初から左足でブレーキを踏むように教
えること。現在市販されてる車の大半がオートマチック車
で、左足は何の仕事もしてないのですから。
最初からブレーキは左足で踏むものだと思っていれば、踏
み間違えなんて起こらないはずです。もっとも、いまから
導入しても効果が出るのは数十年先のことで、目先の対策
ではありません。それに調べたらオートマ免許を取る比率
は、昨年でまだ57%だそう。もっと多いと思ったのですが。
もう一つ、左足でブレーキを踏む利点があります。
それは、人通りの多い道を走るときなどブレーキに左足を
載せて運転できるので、何かあればすぐに止まれるのです。
私は若い頃に特訓し、いまではとっさの時でも左足が自然
にブレーキを踏んでます。だからもっと年取っても、たぶん
踏み間違えはないと思うのですが。
※練習せずに左足でブレーキを踏むのは大変危険です。
先日テレビでやってましたが、お年寄りに事故が増えるの
は、自己中心、自信過剰、せっかちになるからだそうです。
自分も耳が痛い。
どうにも防げないのが判断力の低下。歳をとってくると、
普段やらないことを何気なくやってしまったり、勘違いす
ることが多々あります。その原因の一つは、萎縮した脳に
白質病変(血の巡りが悪くなる)が起きるからだと言って
ました。
いきなり脇道から飛び出して来たり、急に曲がったり。
最たるものは逆走運転ですが、これはもう家族が常に見守
っていなくてはならないでしょうね。
お年寄りの免許証返納が増えてるそうですが、返納するの
に手数料が1000円かかると聞いてビックリ。大金を払って
苦労して免許を取ったのに、免許書返すのにお金を払わな
くてはならないとは。
返納を奨励するなら、感謝状とか少しの奨励金ぐらい出し
たらどうかと思うのですが。
もう一つ腑に落ちないのは免許書を返納した後の特典。
品物や食事の割引が受けられる、銀行金利の上乗せ、
デパートの無料配送など、いろいろな企業の協賛には敬
意を表しますが、それが促進につながるかどうか。
また、返納する代わりにタクシーを使えとよく言われま
すが、これって都市部中心の発想です。
ほんとに車が必要なのは、うちの実家のような農村地。
コンビニに行くのだって車がなくては行けないし、まさか
タクシーで・・・それに、車を使うのは出かけるときだけ
ではありません。70・80のお年寄りが、軽トラを運転して
畑仕事をしてるのです。
日本の農業を支えてるのはお年寄り。仮に65歳以上全員
が免許を返納すれば、日本の食糧自給は根底から揺るぐ
でしょう。
最近はだいぶ自動運転が進んできました。家内は楽だと
いうけれど、長年運転してるとなんか気持ち悪いし、あの
へたくそな自動ブレーキがガマン出来ません。
体力と気力と脳を鍛えて、いつまでも自分で運転していた
いものです。