夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 苦あれば楽あり 北海道

ブログ

blog

苦あれば楽あり 北海道

1月中旬に札幌に1泊2日で出張しました。
北日本に大型低気圧が来ていたときです。
行きも帰りも時間がハッキリしてるので、ホテルが付いて
るパックにしました。北海道へのフライトは雪の影響が大。
パックは便の変更が出来ないので、あらかじめ予定の2時
間以上前に着く便をとりました。これが大正解。
空港に向かう途中、航空会社から機材の都合で出発が30分
遅れるとメールが。まあ、そのぐらいは想定内です。
空港でお昼を食べ、時間を潰してチェックイン。札幌便は8
ドル箱なので、比較的近い12番ゲートでした。今回は余裕
と思ってくつろいでいたら、突然搭乗口が18番ゲートに変
わったとアナウンスが。ゲッ!6番違いでもけっこう遠い。
まったく!と文句を言いながら急いで18番ゲートへ。
そこで待ってるとまたアナウンスがあり、さらに20分遅れ
るとのこと。だったら先に言ってよ!急いで来たのに。
まあ、仕方ないです。なんとか時間を潰し、やっと搭乗時
間になりました。
機内に入って席に着くと席はガラガラ。それはよかった
けど、定時を過ぎてもまだ動く様子がありません。
すると機長から、千歳空港で事故があり出発時間は未定
とのアナウンスが。エーッ!ウッソー!!
ネットを使ってもいいと言うので、タブレットでニュースを
見ると、ANA便が滑走路を曲がりきれずにコースアウトし
たそう(ニュースでも流れました)。えっ、地上走行で!?
教習場で運転教習受けなおした方がいいんじゃないの?
と愚痴りたくなります。しかしいくらなんでも時間がヤバい。
結局機内で1時間待たされ、トータル2時間遅れで離陸。
だけど、機材遅れがなくて定時に飛んでいたら、千歳空港
に降りれずにどうなっていたことやら。
千歳に着くと晴天。あの騒ぎはなんだったんだろう?
1unnamed.jpg
東京がかなり寒かったので、北海道はもっと寒いだろうと、
厚手のパッチを履いてシャツも2枚重ね。靴はもちろん
ご愛足の短靴で、靴底にホットシートまで入れて万全の備
えで来ました。ところが、空港から会場のホテルまでほと
んど外に出ることがなく、暖房が効いてて暑いのなんの。
外に出たのは地下鉄出口からホテルまでの10mほど。
2unnamed.jpg
会場にはギリギリで着きました。
クロークにコートと鞄を預けたら、もらったキーの番号が
ご覧のようなストレート。なんかいいことあるかも。
3unnamed.jpg
会場の室内がまた暑い!座ってるだけで汗だくになって、
たまらずトイレでシャツを1枚脱ぎました。でも、鞄を
クロークに預けたので仕舞う所がない。仕方なくシャツ
を丸め、ジャケットの下に入れて会合の間中ずっと抱え
てました。
懇親会の料理はフレンチと中華のミックス。お腹いっぱい
になって今夜の宿に向かいました。でも、今回は北海道
らしいものを何も食べてない。「ここまで来てもったい
ない」と思うのは食い意地が張ってる証拠。
明日の朝すぐに帰るので食べるならいましかありません。
時間も時間だし思いつくのはラーメン。
ネットでホテルの近くの店を検索し、ビックカメラ内にあ
るラーメン共和国へ行くことに。
DSC_0733.JPG
ほとんど終わりかけてましたが、人気上位の店で味噌
ラーメンを頼みました。
DSC_0736.JPG
麺が少し硬めだけど美味しい。でも、こんな時間に食べた
ら消化に悪そうです。むかし夜中に硬い麺を食べ、吐いた
ことがありました。
お腹が空いていないのでキッツイ。いくらでも食べれる
ギャル曽根さんの胃はどうなってるのだろうか。
バカなことをしたと後悔しながら、なんとか完食しました。
ホテルにチェックインしたのは10時過ぎ。
パックはホテルを選べますが、ここにしたのは札幌駅に近
く地下でつながってるという理由だけ。どうせ部屋は狭い
だろうと期待してなかったのですが部屋に行ってビックリ。
廊下にガラス戸が並んでいるので何かなと思ったら、それ
が部屋へのエントランス。
6DSC_0731.JPG
そこから3mぐらい奥にドアがあり、開けたら部屋が広い
のなんの。某ビジネスホテルの7~8倍はあるかも。
かくれんぼだって出来そうです。
4DSC_0718.JPG
広さだけでなくグレードも高い。ちょっとしたホテルのセミ
スイートのようです(泊まったことないけど)。
DSC_0738.JPG
大きな風呂桶と広い洗い場。当然トイレは別です。
洗面所にもテレビがあり、お風呂に入りながら見れます。
DSC_0741.JPG
コーヒーメーカーも付いている。せっかくだからと、飲み
たくもないのに飲んだら寝れなくなりました。
DSC_0719.JPG
この部屋と飛行機代込みで、新幹線(自由席)の大阪往復
より安いのですからすっごく得した気分。嬉しくて1人
で写真を撮りまくり、ラインで家族に送りました。
「空いてたので広い部屋をご用意しました」とフロント
で言ってましたが、悪いこと(苦)があればいいこと(楽)
もあります。
でも次回もパックで同じ部屋とはいかないでしょうね。
夜遅くチェックインして朝早く帰るなんて・・・
もったいなーい。
景色だって隣のビルの壁じゃないですからね。
DSC_0739.JPG
翌朝、パックに付いてる朝食を食べに行きましたが、これ
がまた過去1~2位を争う豪華なバイキング。料理の種類
が豊富でした。かなり美味しいクロワッサンを食べ、その
上パンケーキまで食べてお腹いっぱい。
DSC_0749.JPG
デザートも豊富だったけど、この後目論見があるので控え
ました。
DSC_0750.JPG
部屋に帰ってゆっくりする間もなくチェックアウト。
10時のフライトですが、目的があるので早めに空港へ。
それは、もう一つの北海道らしさを味わうためソフトクリーム
の食べ比べをしようかと思ったから。うちの近所のミニ
ストップが無くなってしまったので久しぶりのソフトです。
ネットで1位の店に行って注文。満腹なのでコーンをやめ
てカップにしました。
受け取るときに店員さんに、あなたがここの次に美味しい
と思う店はどこかと聞きました。2個食べるつもりと言っ
たら呆れ顔。彼女の推薦とネット情報は合致してました。
DSC_0757.JPG
お腹いっぱいの上、ここのソフトがまた濃厚で食べごたえ
があります。これは予想外。フライトも迫っているので、
もう1つはどうしようかな・・・でも、次はいつ来るかわから
ないし・・・結局、店員さんお奨めの店でもう1つ買い、食
べながら手荷物検査場へ向かいました。
正統派のソフトクリーム。ただの雪印じゃありません。
飛行場内に工場があるそうです。
DSC_0759.JPG
帰りの便は順調でお昼過ぎに会社に着きました。
さすがに気持ち悪くてお昼は抜き。
お土産は白い恋人2ケース。誰に? もちろん私にです。
DSC_0760.JPG
なんか札幌に遊びに行ったみたいですが、ちゃんと仕事
はしてきましたので。