夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » お盆 その1  壮絶!墓参り

ブログ

blog

お盆 その1  壮絶!墓参り

9日の「一万燈」に続き、13日から16日まで
栃木の実家でお盆を迎えました。
毎年その墓参りは壮絶なのです。


最近、お盆の習慣も薄れてきているようです
が、ウチでは毎年欠かしたことがなく、いまま
でお盆休みにどこかに旅行に行った記憶は
ありません。
お盆は13日にご先祖様を自宅に迎え16日
にまたお送りするのですが、ウチではお迎え
の時に墓参りをして、お線香に付けたろうそく
の火を提灯(ちょうちん)で自宅に持ち帰り、
送る時は自宅のろうそくの火をまたお墓に持
って帰るという昔からの風習が続けられてい
ます。
迎え盆と送り盆の2回、墓参りの時にお線香
をあげるのですが、これがとても大変です。
なにしろ宇津家の墓地には、宇津家の墓石
が46基、昔の土葬の墓標が27基、遠い親
戚や昔働いていた人の墓石が29基、それと
6つのお地蔵様があり、それぞれにお線香を
あげなくてはなりません。
haka.JPG
%E5%9C%B0%E8%94%B5
当然1人一束のお線香ではたりなく、お線香
をあげているうちに残りがだんだん短くなって
くるので、急いであげないとやけどをしてしま
います。
全部終わるのに1時間近くかかるのですが、
これを毎年、真夏の炎天下にやるのです。
特に今年は猛暑だったので、みんな汗だくで
熱射病の一歩手前になりました。
一番古いお墓が何年なのか見てくるのを忘
れましたが、間違いなく江戸時代のものです。
父の代までは、主(あるじ)や子供が亡くなる
ごとに墓石を1基づつ建てていたので、この
ようになってしまったようです。
3年前に叔父がなくなった時を機会に、これ
からは一つづつ墓石を建てるのをやめようと
いうことになり「宇津家代々の墓」を建てま
した。
でも、結局は昔の墓石にお線香をあげない
わけにもいかず、とりあえずお線香をあげる
場所が一つ増えただけでした。
%E4%BB%A3%E3%80%85