夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » かんむしの仲間たち

ブログ

blog

かんむしの仲間たち

以前、かんむしの由来について書きました
が、今回はその仲間たちをご紹介します。


「かんむし」もそうですが、昔は病気の原因
は身体の中にいる想像上の虫が悪さをする
ためだと考えられていました。
先日ある方から、九州国立博物館にその想
像上の虫が載っている針聞書(はりききがき)
というのがあるとお聞きしました。
是非見てみたいと思いましたが、後日その方
から博物館で買った絵葉書をいただきました。
その一部を紹介します。
蟯虫(ぎょうちゅう)
庚申の夜に体より出て閻魔大王にその人の悪事
を告げる虫。
%E8%9F%AF%E8%99%AB.jpg
肺虫(はいむし)
肺にいる虫。飯を食べ、人玉にも変わる。
%E8%82%BA%E8%99%AB.jpg
肝積(かんしゃく)
肝臓にいる虫。酸っぱい物が好きで、油くさい物
が嫌い。常に怒っているような顔の色である。
%E8%82%9D%E7%A9%8D.jpg
肝虫(かんむし)
大悪虫。からいものが好き、背骨のある寄生虫。
人の中で「そり」という病気を起こす。
%E8%82%9D%E8%99%AB.jpg
脾臓の虫(ひぞうのむし)
脾臓にいる虫。食べ物を受けたり受けなかったり
して、人がやせたり太ったりする。
%E8%84%BE%E8%87%93%E3%81%AE%E8%99%AB.jpg
これ以外にもまだまだいるのですが、ご興
味のある方は是非九州国立博物館へいら
してください。
この中になぜか「疳虫」はいません(肝虫と
は字も意味も違います)。
でも想像上の虫が病名となり、いまでも使
われているのは「かんむし」だけでしょう。
以前、「エヘン虫」というアニメを使ったのど
薬のコマーシャルがありました。
ある日その広告担当者が当局に呼ばれ、
薬のCMに「エヘン虫」などという架空の虫
を使ってはいけないと怒られたそうです。
その担当者はすかさず、「じゃあ、かんの
むしは実在するんですか?」と聞き返し、
担当官は言葉に詰まったとか。
九州国立博物館
http://www.kyuhaku.jp/index.html