宇津救命丸株式会社公式サイト

Home » 新着情报 » 健康アドバイス » こどもの便秘対策におすすめ!小児専用整腸薬のご紹介

健康アドバイス

advice

こどもの便秘対策におすすめ!小児専用整腸薬のご紹介

小さな子どもにとって「トイレ」はとても大変なこと。お子さまによって違いはあれど、中には30分以上トイレから出てこれなかったり、反対にトイレに行きたがらず便意を我慢することを繰り返すことで便が硬くなり、出しづらくなる悪循環になっているお子さんも。排便回数が週3回未満の場合は便秘症になっている可能性がありますので注意が必要です。

また、硬いコロコロうんちを排便するときに肛門が切れて痛がったり、お腹が張っていて機嫌が悪くなっていたり、食欲が落ちていたりする姿はとても心配になってしまいます。どこかに相談したくても、病気とまでは言いづらいのにお医者さんに行って受診や治療をしてもらっていいのか悩んでしまいます。食事面でも気をつけているのにどうすればいいのか困っているご両親も多いのではないでしょうか?どうにかして早く解消してあげたいですよね。

この記事では、お子さまの便秘対策の方法の一つとして、ドラッグストアでも購入することのできる子供専用整腸薬「宇津こども整腸薬TP」という製品について紹介していきます。

2021/12/14 タイトル及び文面をリニューアルし、再公開しました。

この記事はこんな方におすすめです

「お子さまが便秘がちで困っている方」

「子どもに便秘薬を飲ませていいか悩んでいる方」

「整腸薬について知りたい方」

この記事を書いたのは誰?

創業420年以上。小児専門の製薬会社宇津救命丸株式会社に勤務する薬剤師、登録販売者が解説します。

腸内環境改善の大切さと難しさ

赤ちゃんのうちは、ママやパパがおむつを替えてあげることで便の状態や回数を自然にチェックすることが出来ます。なので、子どもが便秘かどうかやお腹の調子の良し悪しも分かりやすいと思います。お子さまの日ごろの便の状態を知ることで、便秘や軟便になりやすいと悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。出来ることならば、幼少期のうちによい排便習慣をつけてあげたいと思いますよね。毎日の食事の栄養バランスに注意して、食物繊維を多く含む食事を与えたり、水分を取らせるようにするなど食事面でのケアを行い、規則正しい生活を送れるよう心がけていても、好き嫌いがあったり食べる量が少なかったりしてなかなか思うようにはいかないものです。

そんなときには、市販の整腸薬を使って腸内環境を整えてあげましょう。食事や生活習慣をいろいろと試したり変えたりしているにも関わらずなかなか便秘症が改善できないというようなときには、小児専用整腸薬を使用してみてはいかがでしょうか?

「腸-脳-腸内相関」という言葉があり、腸は第二の脳とも言われています。最近の研究では腸内細菌はストレスの感じ方や脳の神経系の発達・成長、そして行動に関わる存在であることが示されています。また、腸内細菌には身体の免疫力を高めて病気を予防する働きもあると言われています。

腸内環境の基となる腸内の菌は子供時代に定着すると言われています。腸内環境(腸内フローラ)の変容が、肥満や数々の病気の原因になることが分かってきている今、子どもの時から腸内環境を積極的に良くしていきたいものです。

腸内フローラの大切さについてはこちらもご覧下さい

腸内環境を整えるには

腸内環境は毎日バランスのいい食事をとり、適度な運動を行い、良質な睡眠を取ることで整えられていきます。しかし、なかなか思うようにはいかないものです。特に子供は食べられる量が少なかったり、好き嫌いがあったりと食事面でハンデがあります。こどもが好きなもの、ヨーグルトや乳酸菌飲料、オリゴ糖といったおなかに良いものを摂ることで腸内環境を整えようとされている方はたくさんいらっしゃることでしょう。

 上記以外で腸内環境を整える手段として、整腸剤を服用する方法があります。ドラッグストアや薬局にはたくさんの種類の整腸剤が売られていますが、それぞれ特徴がありますので比較の上個人に合ったものをお選びください。

腸内フローラの説明イラスト
腸内フローラの説明イラスト

小児専用整腸薬のご紹介

 ここでは、こども用整腸薬「宇津こども整腸薬TP」についてご紹介させていただきます。宇津こども整腸薬TPは、お子さまの健康を見守り続ける宇津救命丸株式会社が、こどもの腸内環境を整えるためのお薬(指定医薬部外品)として発売しています。

商品画像
商品画像

 特長は、腸内環境を整えるのに重要な役割を果たす「乳酸菌」に加えて、乳酸菌が活躍しやすいように「糖化菌」「酪酸菌」を加えた3つの生菌を配合した整腸薬であることです。乳酸菌・糖化菌・酪酸菌は、長い小腸と大腸の間でそれぞれ活躍する場が異なり、腸内全体の環境を整えることができます。

菌の相関関係イラスト
整腸サイクル
菌の作用箇所イメージ
整腸薬の働き

【おすすめのポイント】

 ◎ 3種の菌が相互に働くトリプル作用でお腹元気に!

 ◎ 少ない服用量(1回0.5g:添付のスプーン2杯)で、生後3カ月から8歳未満のお子さままでご使用いただけます。

 ◎ 市販薬で唯一の小児専用整腸薬。

 ◎ 一瓶に40日分入っていて長く服用するのに経済的です。

 ◎ 飲みやすいよう無味無臭となっております。

【飲ませ方について】

宇津こども整腸薬TPの飲ませ方ですが、基本的には添付のスプーンですくって、スプーンが触れないようにそのままお子さまのお口の中へ入れていただき、お水や白湯で飲ませて下さい。

もし飲ませにくい場合には、ヨーグルトなど混ぜて飲ませてあげてみて下さい。ほとんど無味無臭ですので、味の邪魔をすることなく服用していただけます。

ヨーグルトのイメージ画像
イメージ図

ジュースなど飲料に混ぜて飲ませることも出来ますが、溶けにくいので、混ぜたらすぐに飲ませてあげるようにしてください。なお、食べ物や飲み物に混ぜて飲ませる際は、食べ残しや飲み残しがないよう注意して下さい。

【服用期間について】

整腸薬は、3日位の服用で約1/3の人、6日で約半数、12日で約2/3の人が腸の状態が改善されます。

そのため、早くて2~3日、遅い場合には2週間程度服用して頂く必要があります。

宇津こども整腸薬TPは容量が40日分ありますので、症状が改善した後も続けて服用して頂いても問題はありません。むしろ整腸薬に関してはすべて飲み切っていただいた方がお子さまの腸内環境にはベストです。

【お子さまの便秘・軟便対策に】

宇津こども整腸薬の効能に「便秘」「軟便」とあります。

「便秘」←→「軟便」、一見相反する症状に見えますが、この両方に効果があるというのはどういうことでしょうか?

薬の種類には便秘薬・下痢止め薬(止瀉薬)と、それぞれの症状に使えるお薬もあります。しかし、整腸薬は便秘・軟便どちらの症状にも使えるお薬です。整腸薬の作用により腸内環境が整っていくことでおなかのトラブルに幅広く効果が期待できる点が特長です。

便秘になると便通不良になってお腹が張ってつらいだけではなく、腸にととどまった便が腐敗し、有害物質が発生します。腸内環境は悪玉菌が優勢になり、腸内フローラのバランスが崩れてしまいます。積極的に整腸薬を服用することでこうしたトラブルを防ぐことができ、便秘・軟便を予防することにつながります。

ぜひ宇津こども整腸薬TPで、乱れがちなお子様の腸内環境を整えてあげて下さい。

宇津こども整腸薬TP 商品ページは画像をクリック

商品画像
商品画像

関連記事