宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » 夜泣き・かんむしとは

夜泣き・かんむしとは

Cry・Medicine

 

赤ちゃんが泣くのは当然ですが、子育てが始まったばかりの多くのママ、パパが悩んでいる「夜泣き」。
根本的な対策はないけれど、それぞれ試行錯誤しながらわが子にあった夜泣きの対策方法を工夫しています。
当記事では、夜泣き・かんむしのから具体的なまで、実例を参考に整理しました。
目次
  • 01.夜泣き・かんむしとは
  • 02.夜泣き・かんむしの原因は?
  • 03.夜泣き・かんむしの対策
  • 04.夜泣き・かんむしはいつからいつまで?
  • 05.夜泣き・かんむしは放置してもいいの?
  • 06.夜泣き・かんむしの防音対策はどうしたらいい?
  • 07.夜泣き・かんむしのたびに母乳やミルクをのませてもいい?
  • 08.我慢や対症療法だけではない根本対策はある?
  • 09.『宇津救命丸』は夜泣き·かんむしによく効くお薬です

01.夜泣き・かんむしとは

img

育児の悩みで多いのが、お子さまの夜泣きとかんむし(ぐずり)と言われています。

「夜間に赤ちゃんが泣きだし、なかなか泣き止まないこと」を夜泣きと言います。
赤ちゃんが泣くのは当然のことなのですが、夜間に泣かれることで、保護者は睡眠不足になったりご近所への迷惑にならないか不安を抱えたりと、大きなストレスを抱えることがあります。
また「かんむし」とはなかなか聞きなれない言葉かと思いますが、なぜ「ぐずり」の事を「かんむし」と言うのかというと、昔は病気になるのはすべて身体の中にいるいろいろな虫のせいだと思われており、子供がぐずるのは「かんの虫」という虫のせいだと思っていたからです。
img

02.夜泣き・かんむしの原因は?

img

夜泣き、かんむしの原因は、主に以下の3点であると考えられています。

①生活リズムが未成熟なため

新生児期は、昼夜問わず2、3時間おきに泣いています。月齢が上がるにつれてだんだん眠れる時間が増え、リズムができてきます。しかしまだ未成熟なため、昼夜逆転してしまったり、レム睡眠という浅い眠りになる時間帯が多くなったりします。

②日中の刺激を脳が処理しきれないため

脳は寝ている間に日中の記憶を整理しています。赤ちゃんの脳はすごいスピードで発達し、その処理を行おうとしますが、その記憶から怖い夢を見てしまったり、処理しきれず覚醒してしまったりする時に夜泣きをすると考えられています。
③脳の発達がアンバランスなため
赤ちゃんの脳は、「遊んで欲しい!」とか「まだ起きていたい!」など本能的な欲求を司る部分(大脳辺縁系)が先に発達します。それに対して、我慢などを司る部分(前頭葉)は遅れて発達します。
夜泣きをしてしまう理由に、成長過程にある赤ちゃんの脳の発達具合がアンバランスなため夜泣きをすると考えられています。
前頭葉 大脳辺縁系
発達がゆっくり(抑制的・理性的) 発達が早い(本能的・衝動的)
我慢しなきゃ。眠ろう。 食べていたい!遊んでいたい!起きていたい!

その他に

  • 保育園入園や断乳など、子どもにとって大きな変化があった
  • ゲップがあまり出ずお腹にガスがたまっている、便秘である
  • いつもと違う場所に出かけたり、違う人に会ったりして疲れている
    といった環境・体調の変化も夜泣きを引き起こすことがあります。
img

03.夜泣き・かんむしの対策

img

夜泣きをなるべく減らすための対策としては以下の4つがあります。

img

img生活リズムを整える

子どもを早く起こす、午前睡、お昼寝の時間を決めるなど、生活リズムを大人が決めてあげることで子どもの生活リズムが早く整い、夜泣きが減ることがあります。
睡眠だけでなく、食事や入浴の時間も一定にしてあげるとより効果的です。
img

img日中に戸外で遊ぶ

日中にたくさん日光を浴び、体を動かして遊ぶことで夜にぐっすり眠ることができます。
これは、ただ疲れているだけでなく、「セロトニン」と「メラトニン」というホルモンが関係しています。
「セロトニン」は精神を安定させる作用のあるホルモンであり、「メラトニン」の材料になります。
「メラトニン」は催眠作用、生活リズムを調整する作用をもつホルモンです。
日中、日光(紫外線)を浴びたり体を動かしたりすることで「セロトニン」の分泌が活性化され、「セロトニン」が増えることで、夜間の「メラトニン」も増え、良質な睡眠が得られるようになるのです。
夜泣きが続いているとどうしても朝が遅くなり、体調不良から出かけるのが億劫になりがちです。
そんな時には一度朝起きてカーテンを開ける、午前中窓を開けて日の光を浴びる時間を作るなど、無理のない範囲から是非初めてみてください。
img

img入眠儀式を決める

入眠儀式とは、寝る前にいつも同じ行動をするように決め、行うことをいいます。
具体的には以下のような例があります。
  • 絵本を読む
  • 手遊び歌やふれあい
    遊びなどをする
  • 今日あったこと
    を話す
毎日寝る前に同じことをすることで、子どもは「これから寝るんだ」と心の準備ができ、落ち着いて眠ることができます。
寝かしつけと夜泣きの減りには関係がないのではと思われる方もいるかもしれません。
しかし、この子どもが「これから寝るんだ」と自分で寝ようと意識する習慣が身につくことが夜泣きの減りに大きく影響します。
夜泣きの時には、「眠いけれどどうしていいかわからない」と子ども自身も困っている場合があります。その時に自分で寝ようと意識できることで、ぐずることなく再眠できるようになっていきます。

img母乳や抱っこで寝ている場合は寝具の上で
寝られるよう寝かしつけをする

睡眠が浅くなった時、寝付いた時と違うことに驚き夜泣きすることがあります。そのため、母乳をあげながら寝かしつけたり抱っこで寝かしつけたりしていると、夜中起きた時に寝付いた時と環境が変わってしまい、夜泣きにつながりやすいとされています。
最初は泣くかもしれませんが、寝付く時には布団の上で横になって眠る習慣にしておくと、夜泣きの減りにつながります。
img
img

夜泣きをしている最中の対処法でよく行われているものには、以下の行為があります。

img 

抱っこをして揺らす

img 

歌を歌う

img 

ドライブに行く

また、電気をつけて一度起こすことが効果のある子どももいます。一旦覚醒してしまうものの、泣きが落ち着き、その後また寝付いてくれます。
もし、「しょうがない」と思えるならそのまま子どもが泣きたいだけ泣かせておくことも悪いことではありません。
「泣き止ませなきゃ」「どうして泣き止んでくれないの?」と保護者が焦り、不安になるとその感情を子供が敏感に察知し泣き続けてしまいます。
そのせいか、意外と「好きなだけ泣いてください」と思っている時の方が早く寝てくれるのです。
ですが、子どもの泣き声は聞いているだけで疲れてしまうもの。もし子どもが気にする様子がなければ好きな音楽を聴きながら夜泣きを乗り越えてみるのも良いでしょう。

04.夜泣き・かんむしはいつからいつまで?

夜泣きは主に生後半年から一歳半の子どもに多いと言われています。しかし、個人差も大きく、3歳や4歳になっても時々夜泣きをするという子もいます。
また、しばらくしていなかったものの、幼稚園入園や弟妹が生まれたなど大きな環境の変化でも起こることがあります。その場合、その子のペースによって期間は異なりますが、環境の変化に慣れると落ち着いてくるでしょう。

img

img

もし年齢が上がっても夜泣きをする、怖がる様子があるという場合には、夜泣きで

はなく夜驚症の場合もあるかもしれません。

もし年齢が上がっても夜泣きをする、怖がる様子があるという場合には、夜泣きではなく夜驚症の場合もあるかもしれません。
この夜驚症は3~6歳の幼児期に見られることが多く、夜泣きが浅い眠りであるレム睡眠で起こるのに対し、深い眠りであるノンレム睡眠の時に起こる行動です。
日中に受けた刺激などで脳が興奮した時に、深い眠りからうまく目覚められないために起こると考えられています。夜泣きと同じように脳が発達途中のために起こるとされており、特に健康に問題がなければ治療の必要はないとされています。

05.夜泣き・かんむしは放置してもいいの?

夜泣きの対処法のところでもご紹介しましたが、泣かせておくことは悪いことではありません。特に泣いてすぐの頃は、実は泣いているのはただ寝ぼけているだけであり、そのまま様子を見ていればまた眠り始めることもあります。img
また、夜泣きは非常に保護者の心を疲弊させます。「泣き止ませなきゃ」「なにかしなきゃ」と思うことが苦痛な時には、心が疲れているサインです。「泣いていてもいいや」という気持ちで子どもと接することで、自分を追い詰めないようにしましょう。
しかし、これを親子が寝室を共にしていることの多い日本でするのは、少し難しいかもしれません。
寝室を分けていれば、大人が夜遅くまで起きていても子どもは規則正しい生活リズムを身に付け、浅い眠りになった時にも起きている大人からの刺激を受けずに済みます。
寝室が同じであったり、リビングと隣接している部屋で寝ていたりすれば、子どもはいつ親が寝室に来るか気にしたり、浅い眠りの時にテレビや大人の話声で再眠がうまくできなかったりしてしまいます。
img

そのため、夜泣き中の対処としては大人が対応しないという方法も良いですが、夜泣き

をなくすためには、まずは夜泣きの対策でお伝えした下記の4つの対策を試してみてください。

そのため、夜泣き中の対処としては大人が対応しないという方法も良いですが、夜泣きをなくすためには、まずは夜泣きの対策でお伝えした下記の4つの対策を試してみてください。
  •  

    生活リズムを整える

  •  

    日中に戸外で遊ぶ

  •  

    入眠儀式を決める

  •  

    母乳や抱っこで
    寝ている場合は

    寝具の上で
    寝られるよう
    寝かしつけをする

06.夜泣き・かんむしの防音対策はどうしたらいい?

img防音対策としては、防音のカーテン、防音の床マットを使用したり、扉に隙間がある時はクッションのついたテープで隙間を密閉したりすると防音効果が高まります。
また、ご近所の方にはあらかじめ「こういう対策はしてみたのですが、それでもご迷惑をおかけするかもしれません」とご挨拶をしておくと良いでしょう。人は予想していないことが起きた時に強くストレスを感じるそうです。あらかじめ伝えておき、夜泣きがあるかもとご近所の方に予想してもらっておくことで、ストレスが少し減ることを期待できます。
また、挨拶の際には、隣人の反応や在宅時間によっては、「左隣の人の方が夜泣きを強く不快に思いそうだから、右側の部屋で夜泣き対応をしよう」とご近所の方に合わせた部屋の使い方を考えてみても良いかもしれません。

07.夜泣き・かんむしのたびに母乳やミルクをのませてもいい?

母乳やミルクを飲むとよく寝てくれる場合、ついついあげたくなってしまいます。
赤ちゃんは乳首を吸うことでとても安心して眠ることができますが、体重が成長曲線を超えている、朝の離乳食(朝ご飯)が食べられないなど影響があれば夜泣きのたびに母乳やミルクを飲ませることはやめた方がいいかもしれません。
ミルクではなく白湯にしたり、肌触りの良いタオルやぬいぐるみを握らせたりと別の落ち着く方法を試してみてください。

08.我慢や対症療法だけではない根本対策はある?

辛い時期を上記対症療法で乗り切るのも一つの方法ではありますが、対症療法だと子供が泣く度に起きて、子供もお母さんも断続睡眠になってしまいます。
理性を司る前頭葉の萎縮や、自立神経の不調に繋がる可能性があります。
そうすると、母子共によりストレスを感じやすくなり、さらに次の夜泣きを生み、どんどん負のサイクルに陥ってしまいます。
そこまでにならないように、母子の心と体の健康のためにも、環境と自立神経を整えて睡眠力をつけ、少しでも連続して母子共に眠れる時間をつくることが大切です。
(参考:星雲社赤ちゃんとママがぐっすり眠れる本 小山博史医師監修)

09.『宇津救命丸』は夜泣き·かんむしによく効くお薬です

img

宇津救命丸は自然の生薬だけで作られており、自律神経を整え、夜泣き・かんむしを改善します。自律神経の安定作用で徐々にお子さまの高ぶった神経を落ち着かせ、体質を強壮にして体調を整えるお薬です。

宇津救命丸は自然の生薬だけで作られており、自律神経を整え、夜泣き・かんむしを改善します。自律神経の安定作用で徐々にお子さまの高ぶった神経を落ち着かせ、体質を強壮にして体調を整えるお薬です。
img 

小さな子どもに薬を飲ませるのは心配
宇津救命丸は合成薬や精神安定剤・睡眠薬ではありません。

img

img 

宇津救命丸は、400年以上もまえから沢山のお子様
飲まれてきたお薬です。
img
夜泣きは赤ちゃんが成長すれば自然に治まりますが、その間はお父さんもお母さんも大変です。特に、赤ちゃんと過ごす時間の長いお母さんには辛いですよね。
そんなとき・・・おだやかな作用の「宇津救命丸」をぜひ飲ませてください。
当社が実施した商品アンケートでは、夜泣き・かんむしで悩んでいるお母さんから救命丸を飲ませることで家族みんなが眠れるようになって、助かったというような御礼のお言葉をいただくことも多くあります。

幼児のイライラ・ストレスにも効果があります

お子様が保育園や幼稚園、小学校に入学すると、新しい環境に戸惑い、ストレスが高まって、イライラしたり落ち着きがなくなったりします。そんなときは、宇津救命丸<銀粒>の主成分ゴオウ・ジャコウを増量した宇津救命丸Gold(金粒)が効果的です。

img

まとめ

img

夜泣き・かんむしの原因や対策などお伝えしてきました。ですが、「こうすれば必ず泣きやませることができる」という確実な方法はありません。夜泣きのパターンや時間の長さ、時期など、赤ちゃんによって違います。自分なりの方法を見つけ、うまく付き合っていく事が大切です。